わたしのニキビ対処法はレーザー治療

私は小さいころから肌が弱く、色々な疾患があって困っていました。

思春期になると更に、思春期の象徴ともいえるニキビが顔にたくさん出てきて本当に嫌でした。

とにかく顔がボコボコってくらいにニキビが多くて、赤く腫れていて自分でも気持ち悪いくらいです。

しかも私は女子。

鏡でボツボツの顔を見るたびに落ち込んで、学校に行きたくない気持ちでいっぱいになっていました。

もともと行っていた皮膚科で見てもらったところ、塗り薬と、レーザーのような機械で治療することになりました。

正直、そんな大掛かりな処置をすることにびっくりしたのですが、治るなら……と承諾。

処置自体は、多数のニキビをレーザーで焼ききっていくといった感じのものでした。

一個一個やっていくので時間もかかるし、あと少し熱いし怖かったです。

でも終わった後は、ボツボツだったところがなくなっていて、よかったです。

それからは他に、対処法として「とにかく肌を清潔にしておくこと」「お菓子を食べ過ぎない」などを気をつけるようにしています。

やはり顔の皮膚は敏感なものなので、薬品などの変な刺激もだめみたいです。

再発しないように、自分のためにもこれからも気をつけていきたいと思っています。

(千葉県 ぐらすさん)




コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ