ニキビにはとにかく洗顔を心がけていました

その当時すぐにでもニキビを取り去りたいと思った私は、にきびができたらすぐにつぶし膿を出すことに専念していました。

暇さえあれば洗顔を心がけ、スクラブ入りの洗浄力の強い洗顔フォームを使って、ニキビをこすり落とすような勢いでゴシゴシこすって洗っていたことを覚えています。

暇なときにはパックもしました。

皮膚の角質を落とす作用のある特に皮脂の油を取り去ってくれる働きのあるタイプのもの好んで使い、パックを剥がすときには痛みがあるくらいの強力なものを使って毛穴の中の汚れも一緒に取り去ってくれれば良いなと思いながら使用していました。

とにかく清潔にしていればニキビはできないと信じていたので、学校に行っている間も友人と共に洗顔していました。

もちろん潤いは不要だと思っていたので化粧水などの肌を潤す効果があるものは一切使用しません。

次にあぶらとり紙を持ち歩き、顔の油を取るのが趣味といっても過言でないほど取りまくり、肌がベタベタするようなことのないように毎日を過ごしていました。

にきびだけでなく毛穴に詰まった皮脂を絞り出すのも日課にしていました。

そのせいで今でも鼻や小鼻にはクレーターのように跡が残ってしまっています。

(茨城県 ビターさん)




コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ