ニキビには食生活の影響も見逃せない!

中学生時代、大人になってからのような肌ケア方法を知らないままの私に肌トラブルはつきものでした。

受験のシーズンになると、特に困ったのが口の周りやおでこにできるニキビでした。

部活も引退して毎日日に焼けるような習慣もなく、化粧もしていないのになぜ・・・と悩んだものです。

ニキビの原因は、意外とシンプルなものでした。

友人にもしかしたらと指摘されたそれは、「食事内容」です。

食事の時間を短縮する為、わたしの受験シーズンになると、両親は朝食をそれまでの「ごはん」派から「パン」派に変えてくれていたのです。

こんがり焼いたパンはジャムやバター、はちみつを塗ることで甘くなり、ごはんよりも何だかすぐに元気になる気がしていました。

(実際、糖分は脳を活性化するらしく、頭はよく冴えたのですが・・・。)

けれど、それまでのヘルシーな食生活とはあまりに異なる糖分と油分の過剰摂取に、肌が悲鳴を上げていたようです。

間食のチョコレートも伴って、ニキビがなくなる日はありませんでした。

朝食のパンを食べる際に、一緒に整腸作用のあるグリコの朝食プロバイオティクスヨーグルトと、ビタミンB用のサプリとしてかの有名な「チョコラBB」をとるようにしてみました。

するとみるみるニキビは消え去り、おまけに快便効果手に入れることが出来たのです。

受験期間でも肌にストレスを感じることなく過ごすことができて、あの時気づけて本当によかったなぁと思います。

(愛知県 ゆっきーな)




コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ