ニキビケアの洗顔方法は泡で優しくが基本

私の知人の子供が、まさに今思春期ニキビに悩んでいます。

中学生頃の女の子にとってお肌のトラブルは気落ちを落ち込ませる大きな要因の一つで、そのケア方法も色々試したのですが、なかなか改善されませんでした。

しかし、今はニキビ専用のケア用品が発売されている事もあって、比較的症状は自分で緩和出来るのではないでしょうか。

ニキビを治そうと、しっかり洗顔をした方がいいと思われていますが、それは間違いです。

私も、子供の頃はしっかり洗顔を徹底していましたが、なかなか症状が改善されることはありませんでした。

今では、洗顔は優しく洗っても汚れが落ちるいいソープや化粧水が出ているので、指が肌に当たらない程度の泡洗顔でOKなのです。

冬の寒い朝などは、ついついお湯で顔を洗ってしまいますが、ニキビケアにとっては少しぬるめのお湯位がちょうどいいとされています。

夜にしっかり洗顔料で顔を洗っているなら、油分などが気にならなければ、朝の洗顔は、水洗顔(冬場はお湯)で十分とされています。

私の知人も、オイリー肌ではありますが、冬場はさほど気にならない程度なので、朝の洗顔を水洗顔に変えました。

夜使うソープは、フォーミーのいちご鼻用薬用洗顔ホイップで、ニキビケアにも使える優れものです。

価格も比較的安いので、毎日のケアに使っています。

冬の時期は少し症状が緩和に向かったと聞いていますが、これからも優しく洗う洗顔法は続けていくようです。

(兵庫県 まいかさん)




コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ