ニキビ悩まされた中学時代

私は現在20歳になりましたが思春期は、ずっとニキビに悩まされていました。

私には5つ上の姉がいるのですが姉が思春期に首や顎周りにたくさんのニキビがあるのを目の当たりにしていたのでニキビは嫌だな、痛そうだ、私はニキビ出来ないようにしたいと当時(おそらく小学校中学年辺り)ピチピチの肌で思っていました。

中学生になり鼻の下に初めてニキビができ、すぐに治るだろうと考えいる間にどんどん口周りにたくさんのニキビが出来るようになりました。

姉の影響もあり家にはたくさんの洗顔、化粧水、乳液があり全てを試してみましたが全く役には立ちませんでした。

中学入学当初、私と同様にニキビで悩んでいる子は、少しいましたが中学時代ずっとニキビに悩まされていたのは私だけでした。

中学3年の頃、鼻の下に今までにないくらいの大きいニキビが出来、ついに友人も今までは気を遣ってくれていたようですが、その大きいニキビを”痛そうだね”と指摘されました。

どうして私だけ、こんなにもニキビがあるのだろう、周りの子は綺麗な肌なのに…と悩む日々が続きました。

高校になり、彼女を作ろうとするために朝、晩しっかりと洗顔をして化粧水、乳液そして日焼け止めもしっかり行うことで徐々にニキビの出来にくい肌になっていきました。

肌は大切です…子供ができたらしっかりと指導をしてあげたいですし、私と同じ想いをさせたくないと心に誓いました。

(さっぴーさん)




コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ