安い化粧水はニキビ対策にはならない?

私の思春期は、今より少し前になります。

10代の頃、特に高校に入学した頃からニキビがこめかみ周囲に出てくるようになりました。

田舎の高校生だったので、特に化粧はしていませんでしたが、中学までは意識していなかった日焼け止めを使用するようになりました。

洗顔方法も意識していなかった中学時代には特に肌が荒れる事もありませんでしたが、思春期になり一気にニキビが出現しました。

思春期になり肌質が変わったのかもしれません。

母が使用していた化粧品は高くて遠慮して使えなかったため、量販店で安い化粧水を買って対応してみました。

多分「肌水」を使っていたと思います。

ぱしゃぱしゃと使うだけで、肌は一向に良くなりませんでした。

不憫に思った母が、化粧品販売をしている叔母に相談し、家でケア方法を教えてもらいました。

洗顔方法から化粧水の使用方法、化粧水の後にはしっかりと乳液を使用することを知りました。

叔母の売る化粧品は高い上に対象年齢も高かったため、再び量販店の洗顔フォーム(多分ビオレ?)を使ってその方法を行っていました。

思春期頃の肌は強く、その化粧品でもニキビは治っていきました。

商品名は忘れてしまいましたが、ニキビ対応化粧品を一時期使ってみましたが、乾燥するばかりで結局ニキビは治りませんでした。

そのため普通の化粧品を使うようになりました。

ニキビ対策には高い化粧品より、しっかりしたケア方法の方が大切だと思いました。”

(青森県 みささん)




コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ