小学生のころからニキビで辛かった青春時代

ニキビができ始めたのは小学生の頃でした。比較的早くニキビが出来て母親はすぐ皮膚科に連れて行ってくれました。

その時に処方された薬は液体でイオウが含まれているものでした。めん棒の先にその薬をつけて患部に塗るようなものでした。

しかし、結果は効果なしでどんどん増えていきました(T□T)

次に試したのが、市販の薬です。

ビフナイトやアクネスなど当時主流だったニキビの薬ですが、効果があるようなないような…(´・ω・`)

年齢的なものなので仕方ないのですが、それでも顔中に出来たニキビを前にもはや打つ手無しの状態が続きました。

その後、プロアクティブを使い始め多少落ち着いたような気はします。

しかし、キレイになくなったというよりはまぁ、落ちつたかなという程度です。

一応効果が今までで一番あったような気がするのでしばらくはプロアクティブを使い続けていました(・Д・`)

その数年後、プロアクティブも結局使わなくなったのですがニキビはあまり出来なくなりました。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜

思春期という特殊な時期だったからこそあそこまで悪化したのでしょうが、それまでに使用してきた様々な治療薬の効果のおかげかクレーターのようにはならなかったのがせめてもの救いです(*・∀・*)

(茨城県 うさぎさん)

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ