思春期にニキビを治すには洗顔できちんと皮脂を落とす

私は思春期にニキビに悩まされていました。

小学校の高学年ころからぽつぽつとニキビができ始めて、中学生のころは顔中にニキビができて顔が赤くなっていました。

ニキビができない子もいて、どうしてニキビができてしまうのか悩んでいました。

思春期のニキビの原因は過剰な皮脂分泌です。

毛穴に皮脂がたまってアクネ菌が繁殖してニキビができます。

皮脂を取り除いて毛穴つまりを解消することがニキビの治療や予防に効果的なので、洗顔を丁寧にするように心がけていました。

私は今まで面倒くさくて洗顔をいい加減にしていました。

朝の洗顔は水でちょっと洗うだけです。

ときどき洗わないこともあります。

夜もお湯での洗顔で洗顔料を使いません。

きちんと洗っていなかったことがニキビの原因になっていたのかもしれません。

ニキビで悩むようになってからは、朝・夜洗顔料でしっかり洗うようにしました。

洗顔料はニキビ用ではなくドラッグストアに売られている普通のものです。

よく泡立てて丁寧に洗いました。

洗顔を丁寧にするようになってから、ほんの少しニキビが目立たなくなりました。

でも、完全にはなくなっていません。

洗顔だけでなく食事や睡眠などいろいろなことに気をつける必要があるのかもしれません。

完全にはニキビが治らなかったけど、顔中真っ赤ではなくなったのでよかったです。

(千葉県 くまりんさん)




コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ