思春期のニキビの話

中学校2年生の春先、急に触ったほっぺたがベタベタした触り心地になり、気がついたら両頬に赤いニキビが出るようになっましたΣ(゚д゚lll)

今思えば脂っぽいお肉の摂取が多かったり、ポテトチップスや炭酸飲料、チョコレートやアイスクリームとかのお菓子も大好きでした・゜・(ノД`)・゜・

ニキビがどんどん増えてくるのは気になったんですけれど、中学校の頃ってお腹が減って、お腹が減ってo(TヘTo)
御飯は美味しいし、おやつは美味しいし、食欲止まらない状態でした( ̄◇ ̄;)

今思えば、それってニキビの悪化する原因だったんでしょうね(/ω\*)

食欲は抑制することはできませんでしたが、思春期ってオシャレに目覚めるお年頃(//∇//)
しっかり薬局や化粧品コーナーに行って、お母さんににきび肌用のスキンケア、買ってもらって真面目に使いましたよ(*´∀`*)

不潔にならないように枕カバーこまめに替えたり、前髪が顔にかからないようにしたり(〃ω〃)

結局ニキビがおさまりやすい年齢まで、ニキビは出たり入ったりでしたが、食事制限できるのが、もしかして一番効果的だったかもしれません(笑)

洗顔は朝晩真面目にして、ニキビ用の化粧水もしっかり付けて♪。゜+.o((??∀ ???))o

でも初めてのスキンケア、上手に使うコツなんてわかりません。

無我夢中でスキンケアしてた覚えはありますけれど(^O^)

(兵庫県加古川市在住  chieーchanさん)




コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ