思春期ニキビにお世話になったクレアラシル

ニキビは青春のシンボルだなんて言われていた世代ですが若い頃、特に中学高学年から二十歳前後くらいまで男の私でもかなりニキビには悩まされました。

良く言われていたのが洗顔フォームを使ってとにかく顔をよく洗うことがニキビ対策に有効だということですが、今ではニキビのタイプや肌の質にもよるらしいですがやみくもに顔を洗いまくるのはあまり良くないと聞きました。

ニキビのでき方が最も激しかった高校生の頃、救世主のごとく現れたのがクレアラシルというクリームタイプのニキビ治療薬です。

当時、学校でも使っている人は男女を問わずかなりいて、私も口コミで使うようになりました。

あくまで私の場合ですが使ってみた感想は塗ったらニキビが小さくなるというものではなく、ニキビの中身が普通に放っておくよりも早く外に排出されるのを促進してくれるという感じでした。

なので場合によっては余計にニキビが目立ってしまう場合もありましたが、確実に治りは早かったように思います。

しかし、使うタイミングが難しい場合もあり、明日デートなんだけどクレアラシルを塗るべきか止めておくべきか悩んだこともありました。

今でも市販されているようですが、クレアラシルという言葉を聞くと当時のことが懐かしく甦ってきます。

(神奈川県 トラちゃんさん)




コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ