思春期ニキビは良く潰してしまっていた。

私が若い頃のニキビはそれ程多くはなかったけれど、前髪でおでこが隠れていたためか、おでこに集中的にできていました。

おでこ以外にも、何か所か常にポツリポツリと出る感じで。

かなりの奥手だったので、異性を意識するでもなく、色気づいていなかったので当初は他の子よりも深刻でなかった気もします。

友だちも似たり寄ったりでしたし、それほど気にはしませんでした。

思春期のニキビ対策は、取りあえず洗顔でした。

普通のビオレか何かで洗顔し、化粧水などもつけずにそのまま、いました。

今考えれば、信じられないですが。若い頃の肌というのは瑞々しく、洗剤に現れた直後でも水分量や油分がたっぷりあったんでしょうね。

今なら、ガッサガサ・ゴワゴワ・しわしわ・かゆかゆです。

その他は、デキてからクレアラシルなどを使って放っておくくらいでした。

テスト前の、駆け込み勉強の時など、顔に手をやるとできているので、「触っちゃダメ。」とは思ってもついついさわって、しかも潰してしまっていました。

触っているうちに、勉強のイライラも増長して、どうしても潰したくなってしまっていたんですよね。きっと。

でも、「跡が残るよ」なんて親に脅されていましたが、全然残らなかった気がします。

大学生になったころにはほとんどできなくなっていましたし。

顔洗って、薬を塗っておけば、時間が解決してくれますよ。

(茨城県 よひままさん)




コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ