思春期ニキビは苦い思い出。

現在30歳、女性です。

思春期のニキビにはだいぶ悩まされました。

高校生、大学生と顔にたくさんできていました。

対処方法といっても、当時は知識もお金もないため、対処という対処はせずにほっておくのが常でした。

むしろ、がまんができず、つぶしてしまうことも多々ありました。

場所はおでこ、鼻の下、あご、ほほなど顔のいろいろなところにできていました。

睡眠不足や、生理の前などてきめんにできていました。

つぶすと傷跡に残ってしまうことがわかっているのですが、どうしても顔ににきびがあるのが我慢できず、いつの間にか、授業中とかにさわってつぶしてしまっていました。

敏感肌用の化粧水などを使ったことはありますが、特別なニキビ用の薬などはほとんど使っていません。

あとは、食生活に気をつけたり、洗顔を丁寧にしたり、睡眠をよくとったり、生活の面で対応していたように思います。

友達でも、ニキビがひどい女の子がいて、その子は絶対にチョコレートやナッツ類は食べないようにしていたと言っていました。

後日聞いたら、漢方を飲み始めたといっていました。

いろいろなことに、いい意味でも悪い意味でも、気にする性質の子なので、そういったことがストレスになって肌にでていたのかな、とも思います。

私もその子も成人してだいぶ良くはなりました。

ちょっと苦い思い出です。

(茨城県 Y.Kさん)




コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ