思春期ニキビは食事が原因でした

中学生から高校生にかけて思春期ニキビに悩まされました。

主におでこや頬に赤いニキビが出来て、化粧も知らなかったので隠す術もなく、本当に嫌でたまりませんでした。

見かねた母が、クレアラシルというニキビケアの洗顔料と、

ビフナイトというクリームを買ってきてくれました。

早速使い始めたのですが、なかなか即効性はなく…。

しかし、続けていくうちに治りは早くなり、出来る数も減ってきたように感じました。

しかし、やはり完治はすることはなく、時期が過ぎるのを待つしかないのかな…と思うようになりました。

当時私は好き嫌いが多く、しかもお菓子が大好きで食生活はあまり良いとは言えませんでした。

ニキビを治したいなら、野菜を食べて食生活を整えなさい!と母に言われるようになり、まずはお菓子を減らし、野菜も摂るようにしました。

すると、驚く程にニキビが治っていったのです!

私のニキビは食生活が原因だったのか…と、そこで初めて分かりました。

スナック菓子やチョコレートを毎日ガツガツ食べてましたからね。

それからは、かなり食事に気を遣うようになり、大人になった今もニキビは繰り返していません。

肌を整えるには、やはり食事と睡眠、基本が大事なのだなと思いました。

(山形県 華子さん)




コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ