思春期ニキビ対策は顔の脂をこまめに取ることです。

思春期でのニキビは私にとって大変な思い出となっております。

当時高校生だった私は、思春期でニキビ一つの悩みでかなり憂鬱になっていたと思います。

その時はとにかく顔中に出るニキビを治したいという思いで一杯で市販のニキビ対策の薬を色々試しました。

確かに市販のニキビ用の薬でも効果はありますが、治っては新しいニキビが出るの繰り返しで自分が思うような効果までは現れなかったと思います。

そんなある日、別の皮膚の病気で皮膚科に行った時にニキビの話しになり医者から色々なアドバイスを頂きました。

私の肌の体質が脂質性の肌らしく、過剰な脂がニキビの発生にかなり関係しているということがわかりました、つまり、どんなにニキビを治す薬を顔に塗っても根本的な体質を改善しないとニキビは発生するということです。

その後、食生活の改善、具体的には過剰な脂を出さないためにも脂っこい食べ物や甘い物、辛い物などの刺激物、塩分などに気をつける、そしてもっとも大切なのは顔の脂をこまめに取り除くことでした。

具体的には、洗顔でよく脂を落としたり、脂で顔がテカリ出したらこまめに顔を拭くということを徹底して行いました、そしてその後にニキビの薬を塗る、この改善方法でかなりニキビは良くなったと思います。

(宮城県 ニキビ男さん)




コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ