私のにきび対策は温かくなったタオルを顔にのせてあたためること

私が初めてニキビをきにするようになったのは、中学生の1年生の時でした。

最初は、顔でおでこのあたりにぶつぶつみたいなつぶがでてきました。

いぼかなと思っていましたけど、つぶすと膿か血がでてきましたのでこれは、ニキビだとはんめいしました。

なぜニキビができたか考えると家で食べてた事を思い出して見るとピーナッツが入っている物だとわかりました。

なので私は、ピーナッツが入っている物は、少ししか食べないようにきおつけてます。

もう一つは、ニキビ対策として毎日緑茶を飲む事を忘れないように毎日飲んでいます。

あと、食べ物は、バランスよくたべたりサラダを食べたりしています。

しかしニキビがでるからピーナッツを食べないのは、だめです。

ピーナッツにも人間の体に必要な栄養分が蓄えられています。

あと、ニキビができているときは、温かくなったタオルを顔にのせてあたためると顔全体の血流がとてもよくなります。

そうなるとニキビができたところの下の皮膚と血流がよくなりニキビが早く治ります。

私もこのようにニキビ対策をしました。

それからニキビがでることは、ときときありますけど顔全体に激しくニキビがでていません!

皆様もぜひニキビ対策で緑茶を毎日ので顔を温めて血流をよくしますと早くニキビが治ります。

(福島県 Mさん)

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ