私の思春期ニキビの治し方はオロナイン軟膏

私は、思春期の10代のころ、たくさんニキビが出来たというわけではなかったのですが、油断をすると頬や鼻の頭に大きなニキビがボコッと出来るタイプでした。

寝不足気味だったり、アーモンドチョコレートを食べた後に出来ることが多かったように思います。

大きなニキビは目立つので、本当に早く消滅してほしいと焦る思いで、解決方法を探していました。

そんなとき出会ったのがオロナイン軟膏。

たしかコマーシャルか雑誌か何か紹介してあるのを見て、すぐさま薬局に買いに走ったのを思い出します。

他にニキビの出来にくくなる洗顔料なども商品としてあったのですが、私の肌にはこのオロナイン軟膏が一番合っていました。

ニキビを潰さないように優しく泡で洗顔をして、その後化粧水を塗る前に患部にオロナイン軟膏を塗ります。
白く山になるぐらい。

他の肌の部分は化粧水や乳液できちんとスキンケアを施します。

私の場合、それを2、3日続けると、赤みや腫れが引いてきました(^^)

潰すと跡が残ると思っていたので、決して潰さないように引っ込めるのが私のやり方でした。

今ではもうあのような大きなニキビが出来ることはありませんが、大人ニキビにも同じやり方で対処しています。

(千葉 みーちゃんさん)




コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ