高校生からのニキビ対策はクレアラシルはオードムーゲ

高校生の頃からニキビができ始め、当時はメイクで隠すこともできなかったので、いつもニキビがむき出しの状態でした。

ニキビが全くない白い肌をしている友達をいつも羨ましく思い、いろいろなことに消極的になっていました。

母からは洗顔を良くした方が良いと聞きました。

今と違って当時はインターネットもさほど普及しておらず、携帯電話も持っていない状態です。

今はニキビに合う化粧品を探そうと思えば簡単に携帯電話で検索することもできますが、お店で良さそうなものを自分で選ぶことしかできません。

当時はニキビのCMで「クレアラシル」という洗顔が流行っており、主にそれを使用していました。

それから化粧水は「オードムーゲ」が雑誌に頻繁に取り上げられ、高校生~大学生にかけてこちらを使用していました。

確かにニキビには効いていましたが、私はニキビが出来ては治って、治っては出来ての繰り返しで、ニキビの芯を撲滅することは難しかったです。

思春期ニキビからまもなくアダルトニキビの時期に入り、ニキビに苦労した10代、20代でした。

あの頃ニキビがなかったら人生変わっていたかもなぁと思うのですが、今は自分に合った化粧品を見つけてニキビがほとんどできなくなったので、あの頃の経験も無駄ではなかったと思います。

(神奈川県 アライブさん)




コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ