「2010年12月」の記事一覧

ニキビの原因と対策方法とニキビの種類

ニキビは女性にとって肌トラブルの1つでニキビといっても色んな種類とできる原因があります。

思春期にできるニキビ・大人ニキビ・生理前にできるニキビなど女性には様々な時期や環境の変化により、ニキビができたりします。

中でもストレスが原因でできるニキビもあり、主な原因は私生活の乱れと食事バランスの乱れでおこるニキビもあるので、原因やタイプは人それぞれ個人で違うと言われています。

ニキビのできる場所にそれぞれ意味があり、おでこと鼻にできる様に理由も違います。

おでこの生え際にできるのは、クレンジング・洗顔・シャンプー等の洗い残し又は成分による刺激が強くてできる事があります。

おでこの場合・女性ホルモンやホルモンバランスの乱れでできたり睡眠不足だと思われますが、実際は生活の見直しで改善でき、眉間にできたりするのは自律神経の乱れでバランスが崩れてる事が原因で精神的な強いストレスになっておこるニキビです。

頬は腸が弱まり、便秘になっているのが原因だったりと、できる場所や部分によって体が発信してるストレスや原因が分かります。

そして驚きなのが、ニキビは病気として見られてた時も合ったようで、時代とともに段々認識や研究の影響もあり対策や治療法が変わってきて、今では漢方や塗り薬で治せる治療法があり漢方を利用した皮膚科もあるんだそうです。

(愛知県 あゆさん)




友達が教えてくれた背中ニキビを消す方法

高校生だった頃、背中にニキビが出来て困ったときがありました。

オデコやホッペであれば鏡を見ながら薬をぬったりのケアをすることができます。

ところが、背中の場合はそう簡単ではありません。

第一、背中は自分の目で見ることができません。

そして背中には手もうまく届きません。

私は身体が硬いので背中に腕を回すのが痛くて大変でした。

ですから薬もうまく塗ることができず、ケアもちゃんと出来ず、背中のニキビには本当に悩まされていました。

私を悩まさせ続けていたそんな背中ニキビも友達のアドバイスを実行したところ消えてくれたのです。

友達から教わったのはお風呂での身体の洗い方でした。

お風呂では髪をシャンプーした後、トリートメントやリンスを全部髪から流した後に身体を洗うとニキビが背中から消えると教えてもらったのです。

髪についたトリートメントやリンスの洗い残しを背中につけたままにしているのが背中ニキビの原因になるのだと、その友達は言っていました。

本当にそんな事で背中からニキビが無くなるまかと思いましたが、私は試してみることにしまた。

そして友達から教えてもらった身体の洗い方をしばらく続けてみたところ、本当に背中からニキビが無くなってくれたのです。

私はビッキリして友達に感謝せずにはいられませんでした。

30代になった今でも私はこの身体の洗い方を続けています。

(千葉県 虫めがねさん)




ニキビにはとにかく洗顔を心がけていました

その当時すぐにでもニキビを取り去りたいと思った私は、にきびができたらすぐにつぶし膿を出すことに専念していました。

暇さえあれば洗顔を心がけ、スクラブ入りの洗浄力の強い洗顔フォームを使って、ニキビをこすり落とすような勢いでゴシゴシこすって洗っていたことを覚えています。

暇なときにはパックもしました。

皮膚の角質を落とす作用のある特に皮脂の油を取り去ってくれる働きのあるタイプのもの好んで使い、パックを剥がすときには痛みがあるくらいの強力なものを使って毛穴の中の汚れも一緒に取り去ってくれれば良いなと思いながら使用していました。

とにかく清潔にしていればニキビはできないと信じていたので、学校に行っている間も友人と共に洗顔していました。

もちろん潤いは不要だと思っていたので化粧水などの肌を潤す効果があるものは一切使用しません。

次にあぶらとり紙を持ち歩き、顔の油を取るのが趣味といっても過言でないほど取りまくり、肌がベタベタするようなことのないように毎日を過ごしていました。

にきびだけでなく毛穴に詰まった皮脂を絞り出すのも日課にしていました。

そのせいで今でも鼻や小鼻にはクレーターのように跡が残ってしまっています。

(茨城県 ビターさん)




洗顔してもストレスで悪化する中学生のニキビ

中学に入学してから授業が急に難しくなって、家に帰ると復習や宿題に追われる毎日がしばらく続きました。

夜ご飯は、野菜をたくさん使った料理を作ってくれましたが、お肉ばかり食べて野菜は残しました。

勉強で脳が疲れて甘いものを学校が終わっては毎日のように食べていましたから、便秘になりました。

それだけじゃなくそんな毎日の積み重ねで額や鼻がだんだん油っぽくなってきたように感じました。

ケアしたいけど勉強でいじっている暇がないとしばらく放っておきました。

すると、ある日鏡を見ると小さなニキビが額や鼻を覆っていました。

ニキビが出来てしまったのです。

勉強について行くのが精一杯な上にニキビにまで対処していかなくてはならないと、その日からさらなるストレスを背負いました。

今思うと、そのストレスというものがよくなかったようです。

ストレスからしっかりと眠れない日が続きましたし、体は疲れてますます甘いものを求めるようになり、悪化していきました。

このまま放っておいてはひどくなるばかりだと思い、薬局に足を運んでニキビケア専用の洗顔と洗顔ネットを買いに行きました。

この2つを使ってケアを続けた結果、治まる時期はありました。

しかし、テスト期間中や特に忙しい日になると、また復活しました。

私はこんな現実が嫌になりました。

さらにイライラすると、今まで以上に大きなニキビになりました。

もう見るからにストレスによる不規則な生活から出来ているのがわかりました。

今思うと、洗顔ばかりでは駄目なんですね。

ストレスを減らして規則正しい生活が大切でした。

(岐阜県 シェリシェルさん)




EMどくだみ石鹸を使い6ヶ月で本当にニキビ肌がきれいになりました。

うちの子供たちは、長男長女ともニキビがたくさん出来ていました。

高校生なのでしかたがないと思っていましたが、最近はずいぶんとよくなって、気にならなくなりました。

それまでには、さまざまな苦労がありました。

特に息子はとてもひどくて、跡がたくさん残りそうなので、病院にも通いました。

それで、ニキビの薬を服用したのですが、飲まないで1ヶ月くらいするとまた出てくるのです。

病院では、その繰り返しなので、続けて飲むことを進めるといわれたのですが、体に悪そうなので止めました。

それで、塗り薬をもらったのですが、ステロイド成分が入っているので、長期では使わないようにと助言をされました。

結果として、悩んだ末一度も使いませんでした。

ステロイドは一度使うとくせになるという話を聞いたりしたからです。

そういう事で、病院に頼るのは止めて、ネットなどで良い洗顔などを探していたのですが、どくだみの石鹸がいいという内容を読みました。

良いか悪いか使ってみないと分からないと思い、一度注文することにしました。

商品は、EM商品で長く使うとそれ自体も毒素を出すという商品だったのですが、どくだみも殺菌や毒素の排出にいいという内容があったので、使用してみると、子ども達の反応はとてもいいものでした。

それで、それを使い始めて6ヶ月くらいしてでしょうか?本当に奇麗になりました。

また、化粧水や、乳液なども影響があるので、化粧品店でニキビ専用の化粧品を買って使うようにしました。

やはり、あまり栄養価の高い商品でなく、安めの殺菌くらいの効果がある化粧品が一番いいようです。

今では、本当に気にならない程度によくなりました。

(福岡県 ふむふむさん)




サブコンテンツ

このページの先頭へ