「2014年2月」の記事一覧

思春期ニキビを増やさないための秘訣

わたくしが通っていた高校は中学高校一貫校で共学で女子が6割という女子生徒の多い学校でした。

そのため、ニキビや肌荒れには悩みました。

中学3年ごろから急激にニキビが増え始め、高校のときがピークでした。

さすがになんとかしなければということで一番最初に始めたのが、ビフナイトでした。

数ヶ月間試しましたが、なかなか良い効果は現れずその後プロアクティブを使い始めました。

毎日、顔に塗ったところ、少しニキビが消えた感じがしました。

ですが、大幅に消えたということはなく、トライアルでそれもやめてしまいました。

そして高校の2年生になり、受験勉強が本格的に始まりました。
そのときに塾にいくようになり、部活と学校と塾と忙しい日々を送っている生活だったので、自分自身で一週間のスケジュール表を作ることにしました。

そうしてスケジュール表を使いはじめたことで、寝る時間が一定になり、また以前よりも多く睡眠時間をとるようになりました。

その時に少しだが自分の顔のニキビが偶然きれいになっていることに気がつきました。

そこから毎日、『睡眠時間を多くとる』『寝る時間を一定にする』を心がけて過ごしました。

その結果、今まであったニキビがほとんど消えていき、肌が見違えるほどきれいになりました。

このときに睡眠って大切だとあらためて実感しました。

睡眠時間によっては人によって個人差があると思います。

7時間の人もいれば、3時間の人もいます。

ちなみに、自分は睡眠時間を7時間とって、深夜12時には寝ていました。

もしニキビで悩んでいる人は、まず塗り薬や化粧水などよりも、当たり前のことですが、自分の生活の見直しをまず考えることが先決であるし、遠回りなようにみえて、実は近道かと思います。

(東京都 R・Tさん)




思春期ニキビの対策は規則正しい生活と食生活の改善

私の思春期ニキビは、規則正しい生活と食生活の改善でかなり落ち着きました。

中学校に入学と同時にニキビが顔全体に出たのですが、その頃の私はテレビとゲームに夢中で夜は遅くまで起きていて、大好きなポテチやチョコ・アイスクリームを毎日のように食べていました。

体重も少し太り気味で、帰宅部だったので体育の授業以外運動をすることもありませんでした。

そんなだらけ切った私の生活とひどい顔を見かねた母から、お菓子と夜ふかしの禁止を言い渡されました。

最初はかなり不満を持っていたのですが、実際にそれらを守るとニキビもだんだんと落ち着くようになりました。

体重も落ち、思春期ということもありもっとキレイになりたいという欲が出て、食事もヘルシーでお肌に良いものを積極的に摂るようになっていきました。

ニキビに効くとされているビタミンBやCをたくさん採り、納豆や豆乳などの植物性たんぱく質も意識的に食べるようになりました。

そのおかげかわずか半年ほどですっかり体質も変わりニキビが出来にくくなりました。

たまにチョコを食べ過ぎた日などはポツンとニキビが出ましたが、跡も残さずキレイに治すことができました。

外側からのケアに目が行きがちですが、体の中から改善することで私はニキビとさよならすることができました。

(山形県 T・Yさん)




思春期ストレスニキビを第一三共ヘルスケアの薬用クリアレックスW

私は思春期ストレスニキビが多かったように思います。

大学時代は実家から離れて暮らしておりましたが、実家に帰る1週間前頃になると急に顔面お祭り騒ぎ。

ニキビがわんさかでてきました。

そんな私のニキビ対処法、どれだけお肌をキレイにしても出てくるのですがそれでもどうにか出てこないようにと使用していたのが、第一三共ヘルスケアの”薬用クリアレックスW”という商品です。

洗顔ソープです。

これを使うと少し出没量を抑えられたように思います。

洗顔ですが、あまり泡立ちません。

低刺激・殺菌というワードにひかれ購入致しましたが、洗顔料の中では敏感肌の私にとても合っていたように思います。

また、出てしまったものは仕方がない。

普通は潰さないように、とよく言われますが私は逆に潰さないと跡が残ってしまっていたので、ある程度育ち根まで出せそうな大きさになるとさっさと潰してしまっていました。

その前後は清潔にたもつため皮膚科で処方された”ダラシンTゲル1%”という塗り薬を塗っておりました。

こちらは副腎皮質ホルモンが入っていないものだったので、わりとしょっちゅう使っていました。

未だにニキビ?吹き出物?が出た際にはこれをさっと塗ると引っ込んでいきますよ。

(北海道 Marieさん)




日焼けはニキビの大敵・・・!

中学時代陸上部に所属していたわたしは、毎日校庭でさんさんと降り注ぐ太陽を浴び続けていました。

週に5日は部活がありましたから、大人になった今考えると恐ろしい量の日光浴をしていたことになります。

焼けて黒くなること自体は嫌ではありませんでしたが、一つ問題がありました。

夏場になると、日焼けした箇所に真っ赤なニキビができてしまい、それがなかなか治らないのです。

洗顔は欠かさずしていましたが、日焼けで火照ったおでこや鼻の頭にできたそれは、治りかけては復活し、いつしか痛みも伴うようになりました。

これはまずいと思い皮膚科に行くと、お医者さん曰く「日焼け等の刺激でニキビが治りにくくなることがある」とのこと。

とりあえずリンデロンvg軟膏を処方され、皮膚の炎症を抑えてもらいました。

ちょこっと塗ったぐらいでしたが、あっという間に治ってしまって驚きでした。

弱った皮膚というものは、治癒力も衰えているから、洗顔などの普段のケアだけで治すのはどうやら難しかったようです。

それ以降は、無印良品の敏感肌用日焼け止めミルクをこまめに塗り、部活の後には必ずすぐに冷たい水で顔の皮膚を冷やす習慣を付けました。

外に出ていた時間が多かったのである程度の日焼けは免れませんでしたが、お肌はツルツルに保つことが出来ました。

(三重県 ロシアンさん)




思春期ニキビの集中ケアは医薬品で!

殆どのにきびは日々の肌ケアで治すという気でいましたが、どうしてもなおらない大きなニキビってありますよね。

あるいは、何日以内にしっかり治したい、という予定があるときなど、ニキビの出現は思春期のわたしにとって脅威でした。

特に、翌日デートがあるといった日に目立つ位置に出来るニキビにはよく泣かされたものです。

お医者さんも夜になって閉まってしまい、途方に暮れたわたしは近所の薬局に行って薬剤師さんに相談したのです。

「ありますよ!これです。」

そう言って差し出されたのは、LIONから発売されている「ペアアクネクリームW」。

第二類医薬品の部類ですが、手早く確実に治そうと思うならこれを、と勧められました。

「化粧品ではなく、ニキビは医薬品で治すのが最も確実なのですよ。」

薬剤師さんに言われて、何だか目からうろこでした。

帰って洗顔を済ませ、さっそく綿棒に乗るくらいの量をニキビにそっと塗り、ベッドに入りました。

翌朝鏡を見てみると、そこにはきれいに完治した私のお肌が。

正直こんなに早く治るものと思っていなかったので、とっても驚きました。

それからも大きなニキビや吹き出物には、ちょこっと塗っては治すというスピードケアを身に着けました。

なかなか直らないニキビに医薬品。

お勧めです!

(静岡県 お茶子さん)




ニキビには食生活の影響も見逃せない!

中学生時代、大人になってからのような肌ケア方法を知らないままの私に肌トラブルはつきものでした。

受験のシーズンになると、特に困ったのが口の周りやおでこにできるニキビでした。

部活も引退して毎日日に焼けるような習慣もなく、化粧もしていないのになぜ・・・と悩んだものです。

ニキビの原因は、意外とシンプルなものでした。

友人にもしかしたらと指摘されたそれは、「食事内容」です。

食事の時間を短縮する為、わたしの受験シーズンになると、両親は朝食をそれまでの「ごはん」派から「パン」派に変えてくれていたのです。

こんがり焼いたパンはジャムやバター、はちみつを塗ることで甘くなり、ごはんよりも何だかすぐに元気になる気がしていました。

(実際、糖分は脳を活性化するらしく、頭はよく冴えたのですが・・・。)

けれど、それまでのヘルシーな食生活とはあまりに異なる糖分と油分の過剰摂取に、肌が悲鳴を上げていたようです。

間食のチョコレートも伴って、ニキビがなくなる日はありませんでした。

朝食のパンを食べる際に、一緒に整腸作用のあるグリコの朝食プロバイオティクスヨーグルトと、ビタミンB用のサプリとしてかの有名な「チョコラBB」をとるようにしてみました。

するとみるみるニキビは消え去り、おまけに快便効果手に入れることが出来たのです。

受験期間でも肌にストレスを感じることなく過ごすことができて、あの時気づけて本当によかったなぁと思います。

(愛知県 ゆっきーな)




私のニキビを治す方法はストレスを溜めないこと

私にとってニキビができるという事は、全部ストレスのせいだったのです。

私は販売業をしています。

いろんなお客さんがお店へやってきます。

もちろん、中にはクレーマーもいるのです。

そんなお客さんの対応をしていると、かなりのストレスを感じてしまうのです。

そこで気が付いたら顔にはポツポツと、ニキビがたくさん発生しているのです。

だから私にとってのニキビ対処法はストレスを溜めない事なのです。

それさえできれば、私がニキビで悩む事もなくなるでしょう。

でもそれができなくて、今までたくさんのニキビで悩んできたのです。

私はストレスでかなり食べてしまいます。私にとってのストレス解消が、大好きなものを食べる事だったのです。その大好きなものとは、ケーキやチョコレートなのです。

こんなものばかりドカ食いしているから、ニキビだってできるのです。

それをやめようと思います。友人から最近では、カラオケに誘われるようになったのです。

不思議と歌を歌っていると、ストレスがなくなります。

あの嫌なモヤモヤ勘がなくなるのです。

私はこの方法でニキビをできにくくしたのです。

ストレスを上手に解消する事が、私にできるニキビの対処法にもなっているのでした。

(三重県 かかみさん)




お化粧の弊害でニキビが、、、、

高校になってお化粧に目覚めたわたしは、毎日のように母からもらったファンデーションを塗り、お洒落して学校に通っていました。

今から考えればお粗末なメイクだったと思いますが、当時はそれなりに可愛く装える自分を、誇りに思っていた気がします・・・。

ただ、お化粧をしてもなかなか隠せないのが・・・「ニキビ」。

乾燥による肌荒れはしませんでしたが、オイリー体質のわたしには常に悩みの種でした。

しかも高校に入って一層、頬や顎など目立つ位置に出来るのです。

どうして・・・と悩んでいた時に、保険の先生に言われました。

「お化粧ばっかりじゃなく、クレンジングもしっかりしなきゃだめよ。」

「クレンジング・・・?」

当時のわたしにはあまりなじみのない言葉でした。

お化粧は洗顔フォームで落とすものという認識があったのです。

お化粧で顔に載せるファンデーションには、洗顔フォームでは落とすことのできない油分が含まれており、しっかり落とさず過ごすとニキビの原因にもなるとのことでした。

先生に勧められたDHC薬用ディープクレンジングオイルを購入し、洗顔前にオイルを塗り塗り、面倒でもしっかりメイクを落とすようにしたのです。

すると不思議なことに、それまでなかなか無くならなかったニキビが綺麗に収まってしまいました。

「お化粧をするならクレンジングもしっかりと。」

今でも自分の肌ケアの基本になっているセオリーです。

(滋賀県 いのりさん)




使用する化粧品にも気を配ろう

高校を出る頃になると、それなりにバイトもするようになり自分の好きなお化粧品を買えるほどだったわたしは、当時人気だったプチプラコスメに夢中でした。

100円から300円程度でもそれなりに色づきの良いものは多く、周りの友達と沢山買っては比較して遊んでいました。

メイクの楽しさのあまり、安価なコスメの弊害に気づくのは少し遅くなりました。

高3の冬、頬と唇が真っ赤になるほど腫れ上がり、急いで皮膚科に行きました。

原因は自分でもなんとなくわかっていましたが、毎日顔に着けるファンデーションや粘膜に近いところで使用する口紅などは特に注意が必要だったことを口酸っぱくお医者様に言われました。

それを踏まえて買ったファンデーションが、ネイチャーアンドコーの「コットンベール ミネラルBBクリーム」でした。

30gで1,200円と決して高くなく、それでいてオーガニックベースのお肌に優しいものに変えてみたのです。

すると、処方されたリンデロンvg軟膏の効果も伴い1週間程度で、赤みが収まりました。

メイクは、いずれのコスメを使っても肌の負担になるのでしないに越した事は有りませんが、するのであればなるべく素材の良いものを、という鉄則を、以降は自分に課しています。

(山梨県 てらすさん)




思春期ニキビにはちゃんと洗顔をして、皮膚を清潔に

ニキビには、結構悩まされた思春期でした。

小学生の時にはツルツルだったお肌が、中学に入ってから急にブツブツに・・・。

驚いたわたしは、おっかなびっくり皮膚科に直行。

皮膚科の先生は落ち着いて言いました。

「ちゃんと洗顔をして、皮膚を清潔に保ちなさい。」

そう・・・わたしはそれまで、ろくに洗顔もしてこなかったのです。

薬局へ行き、すぐさま「ダヴ ビューティモイスチャー 洗顔フォーム」を購入しました。

CMがとても印象的でしたし、お医者さんの「皮膚を清潔に」という言葉と、真っ白な洗顔フォームのチューブが好印象に結びついた為です。

それから毎日、家に帰った後すぐ(夕方の6時ぐらい)と、朝起きてすぐ(朝の7時ぐらい)、泡立てた洗顔フォームを使って洗顔をしました。

気を付けたのは、掌で充分にフォームを泡立てて柔らかい泡をつくること。

たったそれだけでしたが、それまで一切のケアを受けてこなかった私の肌は、1週間ほどで劇的に蘇りました。

同時に、「洗顔って気持ちいい!」ということにも気づくことが出来ました。

小学校から中学校に上がって間もない女の子は、お肌のケアについてそれまで特に気にしてこなかった、という人も多いかと思います。

洗顔フォームで丁寧に洗うだけでも効果がありますので、是非試してみてください!

(岐阜県 R.Aさん)




サブコンテンツ

このページの先頭へ