「2014年5月」の記事一覧

思春期ニキビに効くブルーライト

思春期はどうしてもニキビが増えやすい年頃ですよね。

私も非常にニキビが多く、10代の頃は悩みました。

スキンケアで清潔に保つことはもちろん、食生活も気をつけていましたが、なかなか治りませんでした。

ですので、皮膚科へ通いニキビ治療をしていました。

当時は、ニキビで病院へ行くのは大げさだと言われました。

しかし、今では、ニキビ専門の外来があるくらい、当たり前のことになりましたね。

私が受けた治療は、サプリメントと塗り薬の処方と、光治療です。

光治療は、あまり馴染みがないかもしれませんね。

光治療とは、症状に合わせて一定の波長を持つ色のついた光を当てて治療する方法です。

思春期ニキビには、ブルーライトと呼ばれる光が有効だとされていて、私もこの青色の光を当てていました。

この青色の光には、ニキビの原因であるアクネ菌を抑制する効果があるそうです。

化膿して赤みのあるニキビが鎮静されていくので、効果を感じました。

私には、この処方薬と光治療が合っていたようで、少しずつニキビを改善していくことができました。

しかし、一回当てるだけでは効果は低いので、定期的に通うことが必要となります。

今では、家庭用の美顔器などで同じように光を使ったものが販売されているので、通院する時間のない方は試してみるといいかもしれません。

(埼玉県 miiさん)




サブコンテンツ

このページの先頭へ