「2014年7月」の記事一覧

思春期ニキビ対策は野菜中心の食事と洗顔

思春期ニキビと言えば遠ーい昔の話ですが私はホントに悩んでました。

親も若いときにニキビに悩んでいたとのことなので多分遺伝なんだなーとか思いつつ。 

今は無事治ってニキビ跡もなくホッしています笑

さて一番ひどかったのは私が中学生1年くらいの時なんですが。

かなりの脂性肌だったのが原因だったと思います(なぜか今は乾燥肌)。

ということで私が実践していたニキビ対策はまず油物をさけてました(野菜中心)。

マクドナルドなど食べると1時間後くらいにはジワーッと脂が顔に出てきているのがわかるくらいだったので。

実際に効果ありましたよ?脂が減るとニキビも予防できます。

また洗顔のやり方も工夫していました。

ニキビは毛穴に脂が詰まっておきることが多いのでまず洗顔前に蒸しタオル顔にかけてを使って毛穴を開かせます。

5分くらい放置したあとすぐに洗顔。

※熱すぎるとやけどしますのでご注意を。

毛穴が開いてる状態で洗顔すると毛穴に詰まった汚れ、脂が取り除きやすいのでより効果的です。

あとできてしまった場合は触ってはダメですよー。

薬局でクリームが売ってますのでそれを寝る前に塗りましょう。 

クリームもニキビを目立たせないようにするため肌色タイプとかも売ってますのでかなりおすすめです。

(愛知 ピーカンさん)




思春期ニキビは良く潰してしまっていた。

私が若い頃のニキビはそれ程多くはなかったけれど、前髪でおでこが隠れていたためか、おでこに集中的にできていました。

おでこ以外にも、何か所か常にポツリポツリと出る感じで。

かなりの奥手だったので、異性を意識するでもなく、色気づいていなかったので当初は他の子よりも深刻でなかった気もします。

友だちも似たり寄ったりでしたし、それほど気にはしませんでした。

思春期のニキビ対策は、取りあえず洗顔でした。

普通のビオレか何かで洗顔し、化粧水などもつけずにそのまま、いました。

今考えれば、信じられないですが。若い頃の肌というのは瑞々しく、洗剤に現れた直後でも水分量や油分がたっぷりあったんでしょうね。

今なら、ガッサガサ・ゴワゴワ・しわしわ・かゆかゆです。

その他は、デキてからクレアラシルなどを使って放っておくくらいでした。

テスト前の、駆け込み勉強の時など、顔に手をやるとできているので、「触っちゃダメ。」とは思ってもついついさわって、しかも潰してしまっていました。

触っているうちに、勉強のイライラも増長して、どうしても潰したくなってしまっていたんですよね。きっと。

でも、「跡が残るよ」なんて親に脅されていましたが、全然残らなかった気がします。

大学生になったころにはほとんどできなくなっていましたし。

顔洗って、薬を塗っておけば、時間が解決してくれますよ。

(茨城県 よひままさん)




サブコンテンツ

このページの先頭へ