「2014年9月」の記事一覧

思春期のニキビ対策、それは正に戦いです

思春期時代のニキビ、そんな事もありましたね。

その頃ニキビができると炎症を起こし赤く腫れてちょっと痛いし、思春期だけに見た目も気になりました。

薬局に行き塗り薬の棚でビフナイトを見つけ、その薬と共に竹炭成分入りの洗顔フォームを買いニキビ対策をしました。

竹炭は不純物を吸着してニキビ対策に良いという話を聞いたので買いましたが、確かに効果があったように思います。

ビフナイトは薬の名前の通り寝る前にニキビ箇所に塗るのですが、あまり塗り過ぎると布団に薬が付いてしまうので注意が必要でした。

ビフナイトは独特なにおいがするので布団に付着すると寝る時にとても気になります。

ニキビを治したいのはもちろんですがこれには気を使いました。

いろいろ試している内に何とか苦戦しながらも徐々に改善していきました・・がしかし、思春期ですから次から次へとニキビが発生し散々悩まされたことを思い出します。

思春期を過ぎた頃から段々とニキビの問題もなくなりましたが、健康状態や生活の乱れによって偶に出来てしまいます。

今は日ごろの洗顔はもちろんですが、気になる箇所にメラノCCという美容液を塗っています。

これはシミ・ソバカス防止用なのですがニキビ予防にも役立ちます。

ニキビ痕にも多少効果があり肌の調子が良くなるので思春期のニキビ対策にもおすすめです。

(神奈川県 カワセミさん)




わたしのニキビ対処法はレーザー治療

私は小さいころから肌が弱く、色々な疾患があって困っていました。

思春期になると更に、思春期の象徴ともいえるニキビが顔にたくさん出てきて本当に嫌でした。

とにかく顔がボコボコってくらいにニキビが多くて、赤く腫れていて自分でも気持ち悪いくらいです。

しかも私は女子。

鏡でボツボツの顔を見るたびに落ち込んで、学校に行きたくない気持ちでいっぱいになっていました。

もともと行っていた皮膚科で見てもらったところ、塗り薬と、レーザーのような機械で治療することになりました。

正直、そんな大掛かりな処置をすることにびっくりしたのですが、治るなら……と承諾。

処置自体は、多数のニキビをレーザーで焼ききっていくといった感じのものでした。

一個一個やっていくので時間もかかるし、あと少し熱いし怖かったです。

でも終わった後は、ボツボツだったところがなくなっていて、よかったです。

それからは他に、対処法として「とにかく肌を清潔にしておくこと」「お菓子を食べ過ぎない」などを気をつけるようにしています。

やはり顔の皮膚は敏感なものなので、薬品などの変な刺激もだめみたいです。

再発しないように、自分のためにもこれからも気をつけていきたいと思っています。

(千葉県 ぐらすさん)




思春期の頃はニキビができたら塗り薬に頼っていました

思春期の頃のニキビは私の場合は無数にできるよりも、大きなものがポンッと出来てしまい、ほおっておくと膿んでしまうようなニキビでした。

鼻の下とかに出来てしまうことが多く、大きくなってしまってしまうと恥ずかしいので、アクネ菌を退治する効能がある塗り薬「ビフナイト」とかを使って夜の寝る前にニキビ部分に塗って早く治るように願っていました。

塗るタイプは結構効いて翌朝には少しだけ小さくなった記憶があります。

洗顔フォームはクレアラシルを使っていました。

それはただ単にニキビに効くというのとコマーシャルの影響だったと思います。

他には対してニキビ対策はしておらず、乾燥するわけでもないので化粧水なども使っていませんでした。

ただ結構顔の皮膚が脂っぽくなってしまっていたので、あぶら取り紙は頻繁に使っていた記憶もあります。

友人はニキビができると潰したり、皮膚科に通ったりしていましたが、潰すと跡に残るという話も聞き、私は治るまで薬を塗る以外そっとしておくことが多かったです。

しかし、赤いニキビの中心が白く膿んでしまうと、すごく嫌な気分になってどうしようかと迷いつつも何もしないでいました。

洗顔してこすったことで膿みと血が出てしまうことは何度かありましたが、出てしまったほうが小さくなった記憶があります。

思春期のニキビは乾燥よりも皮脂が原因だと思うので、サッパリスッキリさせていたほうが速く治ったのだろうと今になって思います。

(埼玉県 とももさん)




思春期ニキビにお世話になったクレアラシル

ニキビは青春のシンボルだなんて言われていた世代ですが若い頃、特に中学高学年から二十歳前後くらいまで男の私でもかなりニキビには悩まされました。

良く言われていたのが洗顔フォームを使ってとにかく顔をよく洗うことがニキビ対策に有効だということですが、今ではニキビのタイプや肌の質にもよるらしいですがやみくもに顔を洗いまくるのはあまり良くないと聞きました。

ニキビのでき方が最も激しかった高校生の頃、救世主のごとく現れたのがクレアラシルというクリームタイプのニキビ治療薬です。

当時、学校でも使っている人は男女を問わずかなりいて、私も口コミで使うようになりました。

あくまで私の場合ですが使ってみた感想は塗ったらニキビが小さくなるというものではなく、ニキビの中身が普通に放っておくよりも早く外に排出されるのを促進してくれるという感じでした。

なので場合によっては余計にニキビが目立ってしまう場合もありましたが、確実に治りは早かったように思います。

しかし、使うタイミングが難しい場合もあり、明日デートなんだけどクレアラシルを塗るべきか止めておくべきか悩んだこともありました。

今でも市販されているようですが、クレアラシルという言葉を聞くと当時のことが懐かしく甦ってきます。

(神奈川県 トラちゃんさん)




小学校5年生から悩んだニキビにはオロナイン

小学校の5年生くらいから、顔のニキビが本当に酷く、女の私にはとてもコンプレックス‥。

最初は隠すように前髪もおろし、顔の横の髪の毛も、顔を隠すように顔にかけていましたが、母から「ニキビは隠すと悪化するんだよ。ちゃんと治るから今は出され!」と言われ、その日から恥ずかしかったですが、前髪をあげて、横の髪も耳にかけるように。

朝起きてまず洗顔をし、綺麗に洗った後は、資生堂の化粧水でお肌のケア。

前髪をあげて、学校に。

学校から帰ってくると、すぐにまた水で顔を洗う。優しく顔を拭いて宿題やらいろいろする。

お風呂あがってまた化粧水をつけ、寝る直前に欠かせないのが、オロナイン。

オロナインは必需品。

にきびに直接オロナインを塗って寝る。

すると、次の日までに少しは良くなっている気がする。

中学校に上がり、部活の朝練が始まると、朝早く起きるように。ということは、夜早く寝る!

夜は9時に寝て、朝は6時に起きる生活を初めてから不思議とニキビが減っていった。

ということは、規則正しい生活はお肌にもとっても良い、ということがわかり、そこから少しずつ肌がきれいになっていった。

けれど、中学生になると小学生以上に勉強が増え‥当たり前か笑 生活リズムに身体も慣れ、夜も遅くなりがちに‥。

出来始めのニキビにもやはり大活躍のオロナイン。私の思春期の強い見方はオロナインだった。

(富山県 ぷーちゃんさん)




ニキビケアの洗顔方法は泡で優しくが基本

私の知人の子供が、まさに今思春期ニキビに悩んでいます。

中学生頃の女の子にとってお肌のトラブルは気落ちを落ち込ませる大きな要因の一つで、そのケア方法も色々試したのですが、なかなか改善されませんでした。

しかし、今はニキビ専用のケア用品が発売されている事もあって、比較的症状は自分で緩和出来るのではないでしょうか。

ニキビを治そうと、しっかり洗顔をした方がいいと思われていますが、それは間違いです。

私も、子供の頃はしっかり洗顔を徹底していましたが、なかなか症状が改善されることはありませんでした。

今では、洗顔は優しく洗っても汚れが落ちるいいソープや化粧水が出ているので、指が肌に当たらない程度の泡洗顔でOKなのです。

冬の寒い朝などは、ついついお湯で顔を洗ってしまいますが、ニキビケアにとっては少しぬるめのお湯位がちょうどいいとされています。

夜にしっかり洗顔料で顔を洗っているなら、油分などが気にならなければ、朝の洗顔は、水洗顔(冬場はお湯)で十分とされています。

私の知人も、オイリー肌ではありますが、冬場はさほど気にならない程度なので、朝の洗顔を水洗顔に変えました。

夜使うソープは、フォーミーのいちご鼻用薬用洗顔ホイップで、ニキビケアにも使える優れものです。

価格も比較的安いので、毎日のケアに使っています。

冬の時期は少し症状が緩和に向かったと聞いていますが、これからも優しく洗う洗顔法は続けていくようです。

(兵庫県 まいかさん)




イオンヌ塗って、ニキビとさよなら

思春期にできるニキビは、皮脂の過剰分泌が原因です。

過剰な分泌は年齢的なことなので、数年たてばほとんどの人が正常に戻ります。

なので、その間の辛抱です。

しかし、お洒落に敏感なお年頃なので、当人は非常に苦痛です。

私もそうでした。

一番ひどかったのが18歳から1年間です。

少しでもニキビを抑制するために、市販の薬や病院の薬を塗ったりしましたが、どれも効果はいまいちでした。

そんな中でも割と効果があったのは、ワミレスのイオンヌというクリームです。

エステサロンで購入しました。

エステでの施術自体は、正直、特にニキビに効果は感じません。

けれど、白いぷつっとしたニキビや、大きな赤いニキビができたときに、このクリームを多めに塗るとニキビの膿が早く出て、治りが早いよ、とエステシャンに言われ、その通りに使ってみると、本当にその通りでした。

一見、非常に重たいクリームなので、こんなの脂性肌に塗って大丈夫なのかと心配になりますが、ニキビがひくのが早いのには驚きです。

小さな白ニキビくらいだと、夜塗ると朝にはもう治っています。

欠点は値段が高いことでしょうか。

思春期が毎日使うにはちょっと高価ですが、ニキビ撃退効果は確かにありました。

(富山県  るなるさん)




ニキビができてもあわてずに対処

私は若い時、本当によくニキビができていました。

そしてそのニキビは思春期ニキビなので、治そうと慌てても仕方がありません。

若い肌にはできやすいのですから。

甘いものも好き、脂っこいものも好き、徹夜も大好きでした。

だから思春期の肌にはニキビがいくつもできていたのです。

だからゆっくりと治していきました。

ゆっくりとニキビを対処していたのです。

まずは甘いお菓子を食べることを控えました。

大好きだった唐揚げも制限しました。

早目に睡眠をとるようにして、規則正しい生活をしてきました。

そうする事で、ニキビがひどくなる事もなかったのです。

そしてあまりにもひどいニキビができた時にはその部分を冷やしていました。

氷を入れた氷のうを、顔に当てるのです。

これを何度も繰り返す事で、ニキビが自然となくなっていくのです。

私のひどかった思春期ニキビは、この方法で治す事もできたのです。

薬を塗るより、サプリを飲むよりもこの方法が一番だったのです。

血の流れをよくする事で、新陳代謝が活性化されているのです。

思春期ニキビにはこの対処法で、私は何とか乗り越える事ができたのです。

思春期ニキビは一時的なものです。

その時期を超えれば、もうできないのです。

(三重県 みみりんさん)




思春期ニキビの治療はクレアラシルというニキビ治療薬

思春期ニキビはかなりひどい方でした。

清潔を保って、乾燥させないようにしっかり洗顔と保湿も心がけていましたが、かなりひどい状態の時が長かったです。

ですが、昔は今のようにニキビくらいで皮膚科に行くような時代ではなかったので、市販薬で対処していました。

私が使っていたのは昔からあるクレアラシルというニキビ治療薬です。

これを使うと赤みが少し引くような気がしました。

私の思春期ニキビは赤くなって膿を持って痛くなるタイプだったので、色が抑えられるだけでも効果があったように感じました。

ただ、ニキビ自体が減ったり、完治するわけではありませんでした。

私のニキビの炎症がひどかったせいかもしれません。

常に顔のどこかにニキビがあるという状態だったので、毎日、クレアラシルを使っていました。

最初は普通のタイプを使っていましたが、そのうちに肌色タイプにするようになりました。

これを塗っておくと、赤みがさらに肌色に馴染んで見えるので良かったと思います。

思春期ニキビというのはやはり思春期を過ぎないと良くならないものだと思います。

会社に入ったころからだんだんと思春期ニキビタイプのニキビは減っていきました。

その後は大人ニキビに移行していったのが分かりました。

肌の状態がかなり変わったと思います。

思春期ニキビは、悪化させないようにして、時間の経過を待つというのが最善なのではないかと思います。

(東京都 ひとみさん)




恐るべし、クロフィルの力

私は中学生の頃より二十歳を過ぎてもニギビがひどくもともと肌が弱い為、ニキビに肌が負けてしまって困っていました。

こまめな洗顔や清潔にも気をつけていたのですが大人になってもなかなか治らずお化粧もままなりませんでした。

そこで母の知人が顔のシミに悩んで試して見たクロロフィル美顔教室で綺麗になったのを聞いて私も試して見る事にしました。

クロロフィルでそこの娘さん達も皆、ニキビを治していました。

歯医者さんの診察台のような所でニキビを道具で先生につぶしてもらいその後、専用の緑の化粧品でパックして化膿を防ぐのですパック剤がニキビから出た汁や膿を全部吸ってくれて跡が残りませんでした。

お手入れは特殊で煮沸消毒したガーゼを使って化粧水を塗布したりとても手間がかかるものでしたがこれで綺麗になるのならと頑張ってお手入れに励みました。

クロロフィルの化粧品でのお化粧の方法も普通に市販されている化粧品よりも時間と手間のかかるものでしたがこれを自分の結婚式の当日まで続けて私は肌の綺麗な花嫁になれました。

緑の葉緑素、植物の力は偉大です。

今はもう普通の化粧品に戻っていますがシミが気になる年齢になったのでまた使って見てもいいかなと思っています。

(大阪府 ちいさんさん)




サブコンテンツ

このページの先頭へ