「NOV」の記事一覧

思春期ニキビは最初から病院に行けばよかったと後悔

思春期のニキビは初めての体験なのでとても困りました。

最初は雑誌のニキビケア特集を熟読して、ニキビに悪い食べ物(ナッツ、スナック菓子)は避けること、洗顔後はきちんと泡を流すこと、ニキビはつぶさずタオルで水分を拭き取る際はやさしく等行っていました。

一番最初に使用したニキビケア商品はクレアラシルの洗顔、化粧水でした。

思春期の頃は洗顔後の肌もあまり乾燥しなかったのでほとんど洗顔のみでした。

その後ニキビが発生し洗顔と規則正しい生活を行っても改善しない際は、化粧品コーナーの美容スタッフに相談しました。

その際に資生堂のd-プログラムのニキビケアシリーズを紹介していただき継続して使用してみました。

ニキビができやすい体質だったのかもしれませんが、あまり改善しなかったので病院に行くことにしました。

病院では、ニキビを抑える抗生物質の飲み薬(ミノマイシン)、

塗り薬(ディフィリンゲル)を1か月分いただき継続して使用することでニキビはだいぶ改善しました。

病院の薬を処方していただいた薬局で紹介していただいた化粧水、石鹸のNOVシリーズも併用して使用することでニキビはほとんどなくなりました。

今は気づかずに潰してしまったニキビ跡が木になるので、最初から自分で何とかしようと思わずにとりあえず病院に行っておけばよかったと思っています。

(沖縄県 のんこさん)

>>ミノマイシンの購入先はこちら

>>ディフェリンゲルの購入先はこちら






赤い発疹のようなニキビ肌を改善する

思春期にはニキビはできやすい物なのですが、食生活も乱れていたせいか、赤い発疹のように見えるニキビが大量にできてしまい、かなり悩んでしまった事があります。

とにかく食事だけでももとに戻してみたのですが、赤い発疹はなかなか改善してくれませんでした。

シャンプーを変えたり、洗顔をしたりしても効果がなく、気になり学校に行くのも憂鬱でした。

ですので母に頼んで皮膚科で診てもらう事にしたのですが、ビタミン剤を貰っただけでした。

しかし、帰り際に皮膚科でもお勧めの化粧品、NOVを見ました。

これはお医者様も推奨しているので、安心できるのかと思い、石鹸とローションだけを購入してみました。

使い方もとても簡単で、それまでは母の使っていた石鹸を利用していたのですが、チューブから出すだけで洗顔料もすぐに泡立ちましたし、気持ちよくさっぱりとしました。

ローションを使うのは初めてだったのですが、とりあえずたっぷりと使ってケアをしてみました。

そして2週間目くらいから、ニキビの赤みがひいてきました。

それから何か月か使ってみると、おでこのあたりまでかなり綺麗になってしまいました。

それからは、ニキビで困ってしまった時には必ずと言っていいほどNOVシリーズのお世話になっています。

最近ではシリーズも少し変わり、大人のニキビも対応してくれるので使いやすいです。

(東京都 maitasoさん)






サブコンテンツ

このページの先頭へ