「化粧品」の記事一覧(2 / 2ページ)

思春期ニキビにはDHCのアクネコントロールシリーズが良かった。

私は中学生の頃からニキビに悩まされていました。

理由として考えられるのはやはりテニス部に所属していましたので皮脂が非常に多かった事。

そしてずっと外で練習や試合をしていましたからその紫外線の影響も多かったと思います。

子供の頃から綺麗な肌だねと大人の人に良く褒めてもらっていたのでにきびができたときはとても悲しかったです。

おんなじ気持ちを味わった事がある人が多いかと思いますが一度にきびが出来始めると気になって気になってしまい、そのストレスで余計にきびが増えていくという悪循環でした。

好きな子がその当時いましたが自分の肌を鏡で見ると自己嫌悪になってしまいなかなか仲良くなる事が出来ませんでした。

最初の頃にきびのケアで行っていたのは普通の薬局に売っている泡で洗顔するタイプでした。

しかし私の肌には余り効果がなくやめてしまいました。

それで友人がやっていたDHCのカタログをもらってお母さんに何度もお願いしDHCの薬用アクネコントロールシリーズを使い始めました。

そうするとだんだんにきびが減っていきついには綺麗な肌に戻りました。
私にはこの化粧品があったのだと思います。

実は母は化粧品にお金をかけるほうでなくて渋っていましたが、私の肌がだんだんニキビが少なくなっていくのを観察しDHCの良さを知り、母は他の化粧品をDHCで注文していました。

(神奈川県  モコモコさん)




思春期ニキビには随分悩みました

中学生になったくらいからぽつぽつとできはじめたニキビ。

私は特にあごとおでこに集中的にできました。

ぶわーっと出来るということはなかったのですが、高校を卒業する位まで常に一つか二つ、けっこう目立つ感じで出来ていました(T_T)。

なので私の中高生時代のスキンケアのテーマは「いかにニキビをできなくするか」よりは「ぼつっとできたニキビをいかに目立たなくするか」がメインだったように思います。

ドラッグストアに売っているプチプラのニキビを隠すコンシーラー類はほとんどお試しをした記憶があります。

どれも一長一短といったところで、中学時代には決まったものはありませんでしたが、高校になって舞台メイク用品のチャコットのファンデーションをコンシーラー代わりに使い始めたところ、ナカナカ調子がよかったので愛用していました。

実は未だにチャコットのものは愛用しています。

バレエをやっていたお友達から教わったのですが流石に舞台用で持ちと付きがとても良いのです。

ニキビは本来規則正しい生活とかきちんとした食事とか、皮膚科系お薬でケアするものだとは分かっていましたが、遊びに勉強(?!)にと何かと忙しかった時期でしたので、手っ取り早く隠す方法をチョイスしていた私です。

(埼玉県 にゅーにゅさん)




赤い発疹のようなニキビ肌を改善する

思春期にはニキビはできやすい物なのですが、食生活も乱れていたせいか、赤い発疹のように見えるニキビが大量にできてしまい、かなり悩んでしまった事があります。

とにかく食事だけでももとに戻してみたのですが、赤い発疹はなかなか改善してくれませんでした。

シャンプーを変えたり、洗顔をしたりしても効果がなく、気になり学校に行くのも憂鬱でした。

ですので母に頼んで皮膚科で診てもらう事にしたのですが、ビタミン剤を貰っただけでした。

しかし、帰り際に皮膚科でもお勧めの化粧品、NOVを見ました。

これはお医者様も推奨しているので、安心できるのかと思い、石鹸とローションだけを購入してみました。

使い方もとても簡単で、それまでは母の使っていた石鹸を利用していたのですが、チューブから出すだけで洗顔料もすぐに泡立ちましたし、気持ちよくさっぱりとしました。

ローションを使うのは初めてだったのですが、とりあえずたっぷりと使ってケアをしてみました。

そして2週間目くらいから、ニキビの赤みがひいてきました。

それから何か月か使ってみると、おでこのあたりまでかなり綺麗になってしまいました。

それからは、ニキビで困ってしまった時には必ずと言っていいほどNOVシリーズのお世話になっています。

最近ではシリーズも少し変わり、大人のニキビも対応してくれるので使いやすいです。

(東京都 maitasoさん)






サブコンテンツ

このページの先頭へ