「市販薬」の記事一覧

思春期ニキビをオロナインで治していました。

我が家には昔からオロナインがあります。

それは救急箱に大事に入っていたのです。

オロナインにはいろんな効果があります。

母はしもやけに使っていました。

父は擦り傷に使っていました。

そして私はニキビに使っていたのです。

思春期ニキビがよくできていました。

食べすぎだったり、ストレスだったり原因はいろいろとあるのでしょう。

気が付いたらポツッとニキビができているのです。

そのたびに、母はオロナインを塗ってくれていました。

オロナインは白くてべたつきのあるクリーム状なのです。
ニキビができているところだけに塗ってあげるのです。

きつく塗ってはいけません。

そっと優しく塗るのです。

これだけで気が付いたら、ニキビはとてもきれいに治っているのです。

だからニキビができたら、我が家ではオロナインなのです。

それが我が家の常識でもありました。

大人になってからの大人ニキビに使った事はありません。

思春期のニキビにはよく効いてくれていたのです。

元々私は敏感肌でしたが、このオロナインを使ってもなんともありませんでした。

他のニキビの薬だともっとひどくなっていたのです。

だから私の肌には、このオロナインがあっていたのでしょう。

小さくてもできたらすぐに使う事で、ひどくはならなかったのです。

(三重県 つつみさん)




中学生の時のニキビを洗顔と市販薬で対応しました。

中学校の時に割とひどいニキビに悩まされました。

顔だけでなく背中にもできました。

しかも潰してしまう癖がついてしまいますます悪化という悪循環でした。

炎症をおこして赤いニキビと真ん中に油がたまる黄色っぽいニキビが多かったです。

顔にはびふナイトとクレアラシルを使っていましたが匂いがきついのと私には合わなかったのか今一つ効果が実感できずにいました。

そのころロート製薬からメンソレータムアクネスというシリーズがちょうど出始めたので洗顔、化粧水、軟膏のジェルをつかったところ、しばらくして改善しました。

洗顔と軟膏が一番効果的だったと思いますが、今思えば一番ひどかったころは洗顔後化粧水を使っていなかったことがよくなかったのかも。

あとは大人に相談したほうがよかったですね。

脂性肌だと思い込んで脂取り紙を常用していましたが、もしかしたら乾燥させすぎて脂がでていたのかもしれません。

化粧水を使うようになっておちつき、治った!と思っていましたが、ちょうどそのころニキビが落ち着く時期だったのかもしれないです。

もし娘が同じようなニキビができたら、食事と睡眠の生活リズムを整えるとともに迷わず皮膚科受診すると思います。
(それぐらいひどかったし、いまも肌には少しだけニキビ跡が残ってしまっています。)

(東京都新宿区 さくらさん)




ニキビケアには薬用アクネケア ビオプラント・ピンスティック

小学生の頃は絹豆腐のようにきめの細かい肌だった僕。

そんな僕にポツポツと、やがてグジュグジュと醜いニキビができ始めたのは、中学2年からです。

本当に肌が汚くて、途方に暮れるほどです。

いろいろ試しましたが、クリームタイプは合わなかったです。

特に気になった、鼻の上のめんちょうみたいなもの、あごの下のでかいもの、頬の赤いものが、本当に恥ずかしかったです。

そんな僕が、高校1年生の頃、たまたまネットで買った商品によって、改善してきてきました。

商品名は「薬用アクネケア ビオプラント・ピンスティック」というものだ。

20mlで1900円(税抜き)

テレビでCMしているわけでもないが、わりといろいろ試していたのと、小遣いで買える値段だったので購入しました。

ジェルタイプで使いやすく、先が細いので出すぎることもありません。

効能,効果というところに「肌荒れ、荒れ性、あせも、にきびを防ぐ」と書いてあります。

気になるTゾーンはもちろん、頬と顎のニキビにもピンポイントで、風呂上がりに塗りました。

何日かすると、赤味や膿?みたいなものが、肌色のニキビになっていて、不潔感が少なくなっていることに気が付きました。

完全になくなるわけではないけれど、使うのと使わないのとでは、肌が全然違います。

ほかの商品で乾きすぎて、肌がしろく剥けたようになるものがあったけれど、これはばっちり!

箱に「うるおいを与え、ひきしめる」と書いてあるから、乾燥しすぎないのかもしれません。

無臭で使いやすく、とても気に入っています。洗顔後に使用しています。

量がもう少し多いと嬉しいけれど、アクネ菌がついているかもしれない手で持つから、衛生的なのかもしれません。

ネットで購入しているので、店販しているのかはわかりません。

何歳になったらニキビが減るのかはわからないけれど、清潔感のある肌になっているので、この薬は続けようと思います。

(東京都 隼人さん)




思春期のニキビ対策、それは正に戦いです

思春期時代のニキビ、そんな事もありましたね。

その頃ニキビができると炎症を起こし赤く腫れてちょっと痛いし、思春期だけに見た目も気になりました。

薬局に行き塗り薬の棚でビフナイトを見つけ、その薬と共に竹炭成分入りの洗顔フォームを買いニキビ対策をしました。

竹炭は不純物を吸着してニキビ対策に良いという話を聞いたので買いましたが、確かに効果があったように思います。

ビフナイトは薬の名前の通り寝る前にニキビ箇所に塗るのですが、あまり塗り過ぎると布団に薬が付いてしまうので注意が必要でした。

ビフナイトは独特なにおいがするので布団に付着すると寝る時にとても気になります。

ニキビを治したいのはもちろんですがこれには気を使いました。

いろいろ試している内に何とか苦戦しながらも徐々に改善していきました・・がしかし、思春期ですから次から次へとニキビが発生し散々悩まされたことを思い出します。

思春期を過ぎた頃から段々とニキビの問題もなくなりましたが、健康状態や生活の乱れによって偶に出来てしまいます。

今は日ごろの洗顔はもちろんですが、気になる箇所にメラノCCという美容液を塗っています。

これはシミ・ソバカス防止用なのですがニキビ予防にも役立ちます。

ニキビ痕にも多少効果があり肌の調子が良くなるので思春期のニキビ対策にもおすすめです。

(神奈川県 カワセミさん)




思春期の頃はニキビができたら塗り薬に頼っていました

思春期の頃のニキビは私の場合は無数にできるよりも、大きなものがポンッと出来てしまい、ほおっておくと膿んでしまうようなニキビでした。

鼻の下とかに出来てしまうことが多く、大きくなってしまってしまうと恥ずかしいので、アクネ菌を退治する効能がある塗り薬「ビフナイト」とかを使って夜の寝る前にニキビ部分に塗って早く治るように願っていました。

塗るタイプは結構効いて翌朝には少しだけ小さくなった記憶があります。

洗顔フォームはクレアラシルを使っていました。

それはただ単にニキビに効くというのとコマーシャルの影響だったと思います。

他には対してニキビ対策はしておらず、乾燥するわけでもないので化粧水なども使っていませんでした。

ただ結構顔の皮膚が脂っぽくなってしまっていたので、あぶら取り紙は頻繁に使っていた記憶もあります。

友人はニキビができると潰したり、皮膚科に通ったりしていましたが、潰すと跡に残るという話も聞き、私は治るまで薬を塗る以外そっとしておくことが多かったです。

しかし、赤いニキビの中心が白く膿んでしまうと、すごく嫌な気分になってどうしようかと迷いつつも何もしないでいました。

洗顔してこすったことで膿みと血が出てしまうことは何度かありましたが、出てしまったほうが小さくなった記憶があります。

思春期のニキビは乾燥よりも皮脂が原因だと思うので、サッパリスッキリさせていたほうが速く治ったのだろうと今になって思います。

(埼玉県 とももさん)




思春期ニキビにお世話になったクレアラシル

ニキビは青春のシンボルだなんて言われていた世代ですが若い頃、特に中学高学年から二十歳前後くらいまで男の私でもかなりニキビには悩まされました。

良く言われていたのが洗顔フォームを使ってとにかく顔をよく洗うことがニキビ対策に有効だということですが、今ではニキビのタイプや肌の質にもよるらしいですがやみくもに顔を洗いまくるのはあまり良くないと聞きました。

ニキビのでき方が最も激しかった高校生の頃、救世主のごとく現れたのがクレアラシルというクリームタイプのニキビ治療薬です。

当時、学校でも使っている人は男女を問わずかなりいて、私も口コミで使うようになりました。

あくまで私の場合ですが使ってみた感想は塗ったらニキビが小さくなるというものではなく、ニキビの中身が普通に放っておくよりも早く外に排出されるのを促進してくれるという感じでした。

なので場合によっては余計にニキビが目立ってしまう場合もありましたが、確実に治りは早かったように思います。

しかし、使うタイミングが難しい場合もあり、明日デートなんだけどクレアラシルを塗るべきか止めておくべきか悩んだこともありました。

今でも市販されているようですが、クレアラシルという言葉を聞くと当時のことが懐かしく甦ってきます。

(神奈川県 トラちゃんさん)




小学校5年生から悩んだニキビにはオロナイン

小学校の5年生くらいから、顔のニキビが本当に酷く、女の私にはとてもコンプレックス‥。

最初は隠すように前髪もおろし、顔の横の髪の毛も、顔を隠すように顔にかけていましたが、母から「ニキビは隠すと悪化するんだよ。ちゃんと治るから今は出され!」と言われ、その日から恥ずかしかったですが、前髪をあげて、横の髪も耳にかけるように。

朝起きてまず洗顔をし、綺麗に洗った後は、資生堂の化粧水でお肌のケア。

前髪をあげて、学校に。

学校から帰ってくると、すぐにまた水で顔を洗う。優しく顔を拭いて宿題やらいろいろする。

お風呂あがってまた化粧水をつけ、寝る直前に欠かせないのが、オロナイン。

オロナインは必需品。

にきびに直接オロナインを塗って寝る。

すると、次の日までに少しは良くなっている気がする。

中学校に上がり、部活の朝練が始まると、朝早く起きるように。ということは、夜早く寝る!

夜は9時に寝て、朝は6時に起きる生活を初めてから不思議とニキビが減っていった。

ということは、規則正しい生活はお肌にもとっても良い、ということがわかり、そこから少しずつ肌がきれいになっていった。

けれど、中学生になると小学生以上に勉強が増え‥当たり前か笑 生活リズムに身体も慣れ、夜も遅くなりがちに‥。

出来始めのニキビにもやはり大活躍のオロナイン。私の思春期の強い見方はオロナインだった。

(富山県 ぷーちゃんさん)




思春期ニキビの治療はクレアラシルというニキビ治療薬

思春期ニキビはかなりひどい方でした。

清潔を保って、乾燥させないようにしっかり洗顔と保湿も心がけていましたが、かなりひどい状態の時が長かったです。

ですが、昔は今のようにニキビくらいで皮膚科に行くような時代ではなかったので、市販薬で対処していました。

私が使っていたのは昔からあるクレアラシルというニキビ治療薬です。

これを使うと赤みが少し引くような気がしました。

私の思春期ニキビは赤くなって膿を持って痛くなるタイプだったので、色が抑えられるだけでも効果があったように感じました。

ただ、ニキビ自体が減ったり、完治するわけではありませんでした。

私のニキビの炎症がひどかったせいかもしれません。

常に顔のどこかにニキビがあるという状態だったので、毎日、クレアラシルを使っていました。

最初は普通のタイプを使っていましたが、そのうちに肌色タイプにするようになりました。

これを塗っておくと、赤みがさらに肌色に馴染んで見えるので良かったと思います。

思春期ニキビというのはやはり思春期を過ぎないと良くならないものだと思います。

会社に入ったころからだんだんと思春期ニキビタイプのニキビは減っていきました。

その後は大人ニキビに移行していったのが分かりました。

肌の状態がかなり変わったと思います。

思春期ニキビは、悪化させないようにして、時間の経過を待つというのが最善なのではないかと思います。

(東京都 ひとみさん)




中学生ニキビはチョコラBBプラスで治りました

小学校四年生頃から、ニキビができ始めました。

はじめは頬に一つ大きなニキビができただけでしたが、徐々に数は増えていき、数か月後には顔全体に広がったことを今でも覚えています。

朝起きて顔を洗えば必ずニキビが破けて血が出たりと、憂鬱な毎日を送っていました。

小学校に行っても、みんなは私と違ってきれいな顔。

小さな悩みでしたが、周りの友達にはなかなか相談できませんでした。

やがて中学生になると、周りの子たちの顔にも次第にニキビができ始めました。

そんな中、ニキビで悩んでいた友達の一人が「お姉ちゃんが皮膚科に通ってから、ニキビがなくなった。私もこれから行こうと思う」と話してくれました。

私はその話を聞き家へ帰えると、すぐさま両親に「皮膚科に行きたい!」話しました。

でも両親は「思春期の今だけよ」と言って、まったく相手にしてくれません。

その間もニキビは消えることなく、増え続けていました。

ある日、なんとなくTVを見ていると「チョコラBBプラス」のCMが流れていました。

市販の薬だけど、何もしないよりはましかな…と思い、わずかなお小遣いで一番小さいサイズのもの(1ヶ月分)を購入しました。

その日からチョコラBBプラスを飲み始め二か月ほど経った頃、私の肌に変化が起き始めました。

今まで増え続けたニキビが減り、大きなニキビができにくくなったのです。

これはもしかすると効くのでは!?と思い飲み続けていくうちに、だんだんニキビはなくなっていきました。

あんなに悩んでいたニキビが数か月で劇的に減ってしまうなんて!

ニキビが完全に消えることはありませんでしたが、飲んだ日と飲まない日では肌の調子が全然違いました。

また、よく悩まされていた口内炎も、これを飲むことによってほとんどできなくなりました。

思春期も過ぎてニキビもできなくなった今でも、肌トラブルがあるとチョコラBBプラスを飲んでいます。

現在ニキビに悩んでいて病院に行けない人たちには、ぜひ試してみてほしいです。

(千葉県 S.Sさん)




思春期のにきびケアは「びふナイト」と「クレアラシル」

思春期のころ、ニキビケアで利用していたのは「びふナイト」と「クレアラシル」です。

「クレアラシル」のニキビ治療薬は、ニキビの脂を取り除いてくれて殺菌して、赤みと炎症をとってくれるお薬なので、赤いにきびがぽつんとできてしまったときに、寝る前に塗っておいたら、翌朝にはニキビが少し小さくなっているという感じです。

炎症がひどすぎると、赤みが引くのに何日かかかることがありましたが、このお薬で結構治るのが早かったです。

それからもう1つ利用していたのが「びふナイト」です。

これは粘土みたいなお薬でした。

イオウというものが入っているせいか少しにおいが気になりましたが、大きめのにきびができた時は、これをつけたほうが早く治りました。

この薬は、夜しか使えないことと、つけてもはがれやすいというのが欠点なのですが、塗って上からガーゼをかぶせたりして、はがれるのを防いでいました。

翌朝にはニキビがしぼんでくれています。

スキンケアはすごくシンプルにしていました。

DHCさんのオリーブオイルを使っていました。

オイルはニキビに良くないと言われていたりしますが、私の場合は、これでニキビが悪化したという事はなかったですし、肌荒れもしませんでした。

お薬とシンプルなケアが意外と良いのではないかなと、今でも思います。

(大阪府 みるくぱんさん)




サブコンテンツ

このページの先頭へ