「クレアラシル」の記事一覧

中学生の時のニキビを洗顔と市販薬で対応しました。

中学校の時に割とひどいニキビに悩まされました。

顔だけでなく背中にもできました。

しかも潰してしまう癖がついてしまいますます悪化という悪循環でした。

炎症をおこして赤いニキビと真ん中に油がたまる黄色っぽいニキビが多かったです。

顔にはびふナイトとクレアラシルを使っていましたが匂いがきついのと私には合わなかったのか今一つ効果が実感できずにいました。

そのころロート製薬からメンソレータムアクネスというシリーズがちょうど出始めたので洗顔、化粧水、軟膏のジェルをつかったところ、しばらくして改善しました。

洗顔と軟膏が一番効果的だったと思いますが、今思えば一番ひどかったころは洗顔後化粧水を使っていなかったことがよくなかったのかも。

あとは大人に相談したほうがよかったですね。

脂性肌だと思い込んで脂取り紙を常用していましたが、もしかしたら乾燥させすぎて脂がでていたのかもしれません。

化粧水を使うようになっておちつき、治った!と思っていましたが、ちょうどそのころニキビが落ち着く時期だったのかもしれないです。

もし娘が同じようなニキビができたら、食事と睡眠の生活リズムを整えるとともに迷わず皮膚科受診すると思います。
(それぐらいひどかったし、いまも肌には少しだけニキビ跡が残ってしまっています。)

(東京都新宿区 さくらさん)




思春期ニキビの治療はクレアラシルというニキビ治療薬

思春期ニキビはかなりひどい方でした。

清潔を保って、乾燥させないようにしっかり洗顔と保湿も心がけていましたが、かなりひどい状態の時が長かったです。

ですが、昔は今のようにニキビくらいで皮膚科に行くような時代ではなかったので、市販薬で対処していました。

私が使っていたのは昔からあるクレアラシルというニキビ治療薬です。

これを使うと赤みが少し引くような気がしました。

私の思春期ニキビは赤くなって膿を持って痛くなるタイプだったので、色が抑えられるだけでも効果があったように感じました。

ただ、ニキビ自体が減ったり、完治するわけではありませんでした。

私のニキビの炎症がひどかったせいかもしれません。

常に顔のどこかにニキビがあるという状態だったので、毎日、クレアラシルを使っていました。

最初は普通のタイプを使っていましたが、そのうちに肌色タイプにするようになりました。

これを塗っておくと、赤みがさらに肌色に馴染んで見えるので良かったと思います。

思春期ニキビというのはやはり思春期を過ぎないと良くならないものだと思います。

会社に入ったころからだんだんと思春期ニキビタイプのニキビは減っていきました。

その後は大人ニキビに移行していったのが分かりました。

肌の状態がかなり変わったと思います。

思春期ニキビは、悪化させないようにして、時間の経過を待つというのが最善なのではないかと思います。

(東京都 ひとみさん)




思春期のにきびケアは「びふナイト」と「クレアラシル」

思春期のころ、ニキビケアで利用していたのは「びふナイト」と「クレアラシル」です。

「クレアラシル」のニキビ治療薬は、ニキビの脂を取り除いてくれて殺菌して、赤みと炎症をとってくれるお薬なので、赤いにきびがぽつんとできてしまったときに、寝る前に塗っておいたら、翌朝にはニキビが少し小さくなっているという感じです。

炎症がひどすぎると、赤みが引くのに何日かかかることがありましたが、このお薬で結構治るのが早かったです。

それからもう1つ利用していたのが「びふナイト」です。

これは粘土みたいなお薬でした。

イオウというものが入っているせいか少しにおいが気になりましたが、大きめのにきびができた時は、これをつけたほうが早く治りました。

この薬は、夜しか使えないことと、つけてもはがれやすいというのが欠点なのですが、塗って上からガーゼをかぶせたりして、はがれるのを防いでいました。

翌朝にはニキビがしぼんでくれています。

スキンケアはすごくシンプルにしていました。

DHCさんのオリーブオイルを使っていました。

オイルはニキビに良くないと言われていたりしますが、私の場合は、これでニキビが悪化したという事はなかったですし、肌荒れもしませんでした。

お薬とシンプルなケアが意外と良いのではないかなと、今でも思います。

(大阪府 みるくぱんさん)




ニュルっと出る角栓が面白くてしょっちゅう絞っていました

思春期ニキビは過ぎてみれば、懐かしい思い出だけど、実際今思春期ニキビで悩んでいる人にとっては大問題でしょう。

とにかくTゾーンが脂っぽい肌質でした。

だから、いつも鼻を中心にニキビが花盛りでした。

良く絞っていたのを覚えています。

ニュルっと出る角栓が面白くてしょっちゅう絞っていました。

今の私なら、とにかく絞るのはやめなさいと言いたいです。

当時の私が知る由もなく、普通の洗顔フォームで洗顔していました。

よくできたのが、白ニキビです。

当時、クレアラシルがよくテレビCMしていました。

そこで、クレアラシルを買って使ってみました。

当時のクレアラシルは、塗ると白く残りました。

白く残った状態で何も気にせず学校に行っていました。

当時のクラスメートもクレアラシルを塗って白いままで来る子もいて、みんな似たり寄ったりでした。

だから、今でもクレアラシルは、白かったねという友達の間で話題になります。

ニキビ対策に、化粧水しか塗っていませんでした。

ベタつく乳液は敬遠していました。

今思うと、乳液を塗っていたほうがニキビの治りが早かったと思います。

ニキビが出来にくい処方の乳液なら外部の刺激から肌を守ってくれます。

当時の私にはそういう知識はありませんでした。

だから、鼻の毛穴は今でも大きいです。

(宮城県 パラパラっ子さん)




サブコンテンツ

このページの先頭へ