「未分類」の記事一覧

思春期ニキビを治すにはプロアクティブシリーズ!

思春期ニキビ、かなり悩まされた経験がありますが、今ではすっかり美肌になっている私です(^-^;

いつもアゴや口周り、おでこにたくさんのニキビがあり、本当に大きな悩みでした。

私がニキビ対策としてしたことは、まずは丁寧な洗顔です!

必ず泡立てネットを使用してもこもこの泡を作り、顔にソっとのせるだけで、
ゴシゴシせずに、優しく円をかくようになでて洗い流すんです。

これでかなり毛穴の汚れがスッキリしましたね!

そして洗顔後には、プロアクティブの登場です(^0^)

化粧水はサラっとしているのに、グイグイと肌に浸透していくのでとても気持ちが良かったです。

しかもずっと肌がしっとりと潤っているので、保湿力はかなり素晴らしいと思います(^-^)

またプロアクティブシリーズで、新しいニキビができることを防ぐクリームがあるのですが、べたつかず、でもしっとり感がすごくて、どんどんスベスベ肌になっていきました。

しばらくニキビ対策は丁寧な洗顔だけだったのですが、プロアクティブシリーズを使うようになってから、知らぬ前にニキビができなくなっていましたね(^0^)

しかもカサカサしていた肌も、すごくツヤツヤスベスベ状態になり、自慢の肌に生まれ変わりました。

(北海道 さーちゃんママさん)




思春期ニキビは食事が原因でした

中学生から高校生にかけて思春期ニキビに悩まされました。

主におでこや頬に赤いニキビが出来て、化粧も知らなかったので隠す術もなく、本当に嫌でたまりませんでした。

見かねた母が、クレアラシルというニキビケアの洗顔料と、

ビフナイトというクリームを買ってきてくれました。

早速使い始めたのですが、なかなか即効性はなく…。

しかし、続けていくうちに治りは早くなり、出来る数も減ってきたように感じました。

しかし、やはり完治はすることはなく、時期が過ぎるのを待つしかないのかな…と思うようになりました。

当時私は好き嫌いが多く、しかもお菓子が大好きで食生活はあまり良いとは言えませんでした。

ニキビを治したいなら、野菜を食べて食生活を整えなさい!と母に言われるようになり、まずはお菓子を減らし、野菜も摂るようにしました。

すると、驚く程にニキビが治っていったのです!

私のニキビは食生活が原因だったのか…と、そこで初めて分かりました。

スナック菓子やチョコレートを毎日ガツガツ食べてましたからね。

それからは、かなり食事に気を遣うようになり、大人になった今もニキビは繰り返していません。

肌を整えるには、やはり食事と睡眠、基本が大事なのだなと思いました。

(山形県 華子さん)




思春期ニキビは苦い思い出。

現在30歳、女性です。

思春期のニキビにはだいぶ悩まされました。

高校生、大学生と顔にたくさんできていました。

対処方法といっても、当時は知識もお金もないため、対処という対処はせずにほっておくのが常でした。

むしろ、がまんができず、つぶしてしまうことも多々ありました。

場所はおでこ、鼻の下、あご、ほほなど顔のいろいろなところにできていました。

睡眠不足や、生理の前などてきめんにできていました。

つぶすと傷跡に残ってしまうことがわかっているのですが、どうしても顔ににきびがあるのが我慢できず、いつの間にか、授業中とかにさわってつぶしてしまっていました。

敏感肌用の化粧水などを使ったことはありますが、特別なニキビ用の薬などはほとんど使っていません。

あとは、食生活に気をつけたり、洗顔を丁寧にしたり、睡眠をよくとったり、生活の面で対応していたように思います。

友達でも、ニキビがひどい女の子がいて、その子は絶対にチョコレートやナッツ類は食べないようにしていたと言っていました。

後日聞いたら、漢方を飲み始めたといっていました。

いろいろなことに、いい意味でも悪い意味でも、気にする性質の子なので、そういったことがストレスになって肌にでていたのかな、とも思います。

私もその子も成人してだいぶ良くはなりました。

ちょっと苦い思い出です。

(茨城県 Y.Kさん)




思春期ニキビには、ビオレの洗顔が効きました。

私は今、大人ニキビに悩まされていますが、思春期の頃は、これまたニキビに悩んでいました。

高校生になった頃から、少しずつニキビができてきました。

中学生までは、朝、水で顔を洗っても化粧水などはつけず、そのまますっぴんで学校に行っていました。

高校生になっても、その習慣は変わらなかったのですが、ニキビは確実にできていきます。

高校生になると、自転車に乗る時はもうヘルメットをかぶらなくても良いし、学校帰りにお店に寄ることも自由にできます。

そのような解放された気持ちと、急に手に入れた自由に戸惑い、また、これからどのように生きていけばよいのかも分からず、あれこれ思い悩んだ毎日が、肌にとって良くなかったようです。

もともと視力が悪かったので、自分の肌の状態をしっかりとみることもなかったのですが、触ると肌がざらざらしていたので悲しくなってしまいました。

それまで水で洗顔していたのですが、初めてドラッグストアに行き、名前を知っていたビオレの洗顔料を買いました。

初めは使い勝手が分からずごしごし洗ってしまいましたが、やわらかく、力を入れずに優しく洗うことで、少しずつ肌が改善していったような気がします。

ビオレがロングセラーな理由が分かりました。

(静岡県 未央さん)




規則正しい生活で思春期ニキビを予防しました。

私の妹は思春期の時期にやはりニキビで悩んでいました。

妹の場合はニキビの数はそれほど多いわけではありませんでしたが、ニキビができた後の治りが遅かったり、治った後にニキビの痕が残ったりしていて悩んでいました。

女性の場合はやはり男性以上に顔に痕が残ることを気にする人が多いと思いますが、妹の場合もやはり顔に痕が残ることを一番気にしていました。

ニキビの数が段々多くなってきた頃に肌荒れ改善などで地元では知られていた皮膚科に受診しに行ったことがあります。

その時に言われたのが意外なことでした。

ニキビは体質が大きく関わってくると思っていましたが、実は生活習慣もとても関係していて妹の場合は生活習慣からくるニキビの可能性が高いと言われました。

妹は睡眠不足、栄養もやや偏りがちな生活で、それら不規則な生活が肌にとってとても悪くニキビが増えて治りにくい原因の一つになっていると言われました。

そこで皮膚科からのアドバイスで、睡眠時間をしっかり取る最低6時間半はしっかり体を毎日休める。

新陳代謝を促すために、シャワーではなくしっかり入浴をして夏場でも体の奥からしっかり温める、腸の働きも大切で食物繊維が豊富に含まれた食事に改善するなどの指導を受けました。

その結果、少しずつ妹のニキビは改善されていったことを覚えています。

ニキビの原因は様々ですが規則正しい生活をすることはとても効果的だとその時わかったような気がします。

(宮城県 ニキビ撲滅団さん)




思春期ニキビ対策は顔の脂をこまめに取ることです。

思春期でのニキビは私にとって大変な思い出となっております。

当時高校生だった私は、思春期でニキビ一つの悩みでかなり憂鬱になっていたと思います。

その時はとにかく顔中に出るニキビを治したいという思いで一杯で市販のニキビ対策の薬を色々試しました。

確かに市販のニキビ用の薬でも効果はありますが、治っては新しいニキビが出るの繰り返しで自分が思うような効果までは現れなかったと思います。

そんなある日、別の皮膚の病気で皮膚科に行った時にニキビの話しになり医者から色々なアドバイスを頂きました。

私の肌の体質が脂質性の肌らしく、過剰な脂がニキビの発生にかなり関係しているということがわかりました、つまり、どんなにニキビを治す薬を顔に塗っても根本的な体質を改善しないとニキビは発生するということです。

その後、食生活の改善、具体的には過剰な脂を出さないためにも脂っこい食べ物や甘い物、辛い物などの刺激物、塩分などに気をつける、そしてもっとも大切なのは顔の脂をこまめに取り除くことでした。

具体的には、洗顔でよく脂を落としたり、脂で顔がテカリ出したらこまめに顔を拭くということを徹底して行いました、そしてその後にニキビの薬を塗る、この改善方法でかなりニキビは良くなったと思います。

(宮城県 ニキビ男さん)




わたしのニキビ対処法はレーザー治療

私は小さいころから肌が弱く、色々な疾患があって困っていました。

思春期になると更に、思春期の象徴ともいえるニキビが顔にたくさん出てきて本当に嫌でした。

とにかく顔がボコボコってくらいにニキビが多くて、赤く腫れていて自分でも気持ち悪いくらいです。

しかも私は女子。

鏡でボツボツの顔を見るたびに落ち込んで、学校に行きたくない気持ちでいっぱいになっていました。

もともと行っていた皮膚科で見てもらったところ、塗り薬と、レーザーのような機械で治療することになりました。

正直、そんな大掛かりな処置をすることにびっくりしたのですが、治るなら……と承諾。

処置自体は、多数のニキビをレーザーで焼ききっていくといった感じのものでした。

一個一個やっていくので時間もかかるし、あと少し熱いし怖かったです。

でも終わった後は、ボツボツだったところがなくなっていて、よかったです。

それからは他に、対処法として「とにかく肌を清潔にしておくこと」「お菓子を食べ過ぎない」などを気をつけるようにしています。

やはり顔の皮膚は敏感なものなので、薬品などの変な刺激もだめみたいです。

再発しないように、自分のためにもこれからも気をつけていきたいと思っています。

(千葉県 ぐらすさん)




イオンヌ塗って、ニキビとさよなら

思春期にできるニキビは、皮脂の過剰分泌が原因です。

過剰な分泌は年齢的なことなので、数年たてばほとんどの人が正常に戻ります。

なので、その間の辛抱です。

しかし、お洒落に敏感なお年頃なので、当人は非常に苦痛です。

私もそうでした。

一番ひどかったのが18歳から1年間です。

少しでもニキビを抑制するために、市販の薬や病院の薬を塗ったりしましたが、どれも効果はいまいちでした。

そんな中でも割と効果があったのは、ワミレスのイオンヌというクリームです。

エステサロンで購入しました。

エステでの施術自体は、正直、特にニキビに効果は感じません。

けれど、白いぷつっとしたニキビや、大きな赤いニキビができたときに、このクリームを多めに塗るとニキビの膿が早く出て、治りが早いよ、とエステシャンに言われ、その通りに使ってみると、本当にその通りでした。

一見、非常に重たいクリームなので、こんなの脂性肌に塗って大丈夫なのかと心配になりますが、ニキビがひくのが早いのには驚きです。

小さな白ニキビくらいだと、夜塗ると朝にはもう治っています。

欠点は値段が高いことでしょうか。

思春期が毎日使うにはちょっと高価ですが、ニキビ撃退効果は確かにありました。

(富山県  るなるさん)




ニキビができてもあわてずに対処

私は若い時、本当によくニキビができていました。

そしてそのニキビは思春期ニキビなので、治そうと慌てても仕方がありません。

若い肌にはできやすいのですから。

甘いものも好き、脂っこいものも好き、徹夜も大好きでした。

だから思春期の肌にはニキビがいくつもできていたのです。

だからゆっくりと治していきました。

ゆっくりとニキビを対処していたのです。

まずは甘いお菓子を食べることを控えました。

大好きだった唐揚げも制限しました。

早目に睡眠をとるようにして、規則正しい生活をしてきました。

そうする事で、ニキビがひどくなる事もなかったのです。

そしてあまりにもひどいニキビができた時にはその部分を冷やしていました。

氷を入れた氷のうを、顔に当てるのです。

これを何度も繰り返す事で、ニキビが自然となくなっていくのです。

私のひどかった思春期ニキビは、この方法で治す事もできたのです。

薬を塗るより、サプリを飲むよりもこの方法が一番だったのです。

血の流れをよくする事で、新陳代謝が活性化されているのです。

思春期ニキビにはこの対処法で、私は何とか乗り越える事ができたのです。

思春期ニキビは一時的なものです。

その時期を超えれば、もうできないのです。

(三重県 みみりんさん)




恐るべし、クロフィルの力

私は中学生の頃より二十歳を過ぎてもニギビがひどくもともと肌が弱い為、ニキビに肌が負けてしまって困っていました。

こまめな洗顔や清潔にも気をつけていたのですが大人になってもなかなか治らずお化粧もままなりませんでした。

そこで母の知人が顔のシミに悩んで試して見たクロロフィル美顔教室で綺麗になったのを聞いて私も試して見る事にしました。

クロロフィルでそこの娘さん達も皆、ニキビを治していました。

歯医者さんの診察台のような所でニキビを道具で先生につぶしてもらいその後、専用の緑の化粧品でパックして化膿を防ぐのですパック剤がニキビから出た汁や膿を全部吸ってくれて跡が残りませんでした。

お手入れは特殊で煮沸消毒したガーゼを使って化粧水を塗布したりとても手間がかかるものでしたがこれで綺麗になるのならと頑張ってお手入れに励みました。

クロロフィルの化粧品でのお化粧の方法も普通に市販されている化粧品よりも時間と手間のかかるものでしたがこれを自分の結婚式の当日まで続けて私は肌の綺麗な花嫁になれました。

緑の葉緑素、植物の力は偉大です。

今はもう普通の化粧品に戻っていますがシミが気になる年齢になったのでまた使って見てもいいかなと思っています。

(大阪府 ちいさんさん)




サブコンテンツ

このページの先頭へ