「洗顔」の記事一覧

思春期ニキビの治療法

私は中学生の頃、思春期特有のニキビに悩んでおりました。

当時はニキビ=オイリー肌の人がなるものだという認識があったので、自分は乾燥肌なのにどうしてニキビができてしまうんだろうと不思議に思いました。

その悩みが解消されたのは、家のパソコンでネットサーフィンをしていたときでした。

「乾燥肌の人は肌の水分量が少ないため、肌が脂を出そうと頑張っている。

その脂で毛穴がふさがりニキビがひどくなるので、保湿をしないと治らない」という趣旨の一文を読んで目から鱗が出る思いをし、その後は化粧水・乳液といったスキンケアにも力を入れるようにしました。

ちなみに洗顔料は母がネットで見つけてきたNonAという薬用の洗顔石鹸を使っていました。

NonAの口コミには「ニキビがひどい時期は石鹸の刺激が感じられる」とありましたが、これはニキビの原因となるアクネ菌にアプローチする際に起こる刺激だそうで、刺激があることによりアクネ菌が死滅するとのことでした。

NonAでしっかり洗顔して、化粧水と乳液で保湿するのを続けていたら、おでこ一面に広がるニキビが治ったように思いました。

この経験で私が悟ったのは、ニキビ治療には殺菌と保湿が欠かせないということでした。

(石川県 さくらさん)




ニキビケアの洗顔方法は泡で優しくが基本

私の知人の子供が、まさに今思春期ニキビに悩んでいます。

中学生頃の女の子にとってお肌のトラブルは気落ちを落ち込ませる大きな要因の一つで、そのケア方法も色々試したのですが、なかなか改善されませんでした。

しかし、今はニキビ専用のケア用品が発売されている事もあって、比較的症状は自分で緩和出来るのではないでしょうか。

ニキビを治そうと、しっかり洗顔をした方がいいと思われていますが、それは間違いです。

私も、子供の頃はしっかり洗顔を徹底していましたが、なかなか症状が改善されることはありませんでした。

今では、洗顔は優しく洗っても汚れが落ちるいいソープや化粧水が出ているので、指が肌に当たらない程度の泡洗顔でOKなのです。

冬の寒い朝などは、ついついお湯で顔を洗ってしまいますが、ニキビケアにとっては少しぬるめのお湯位がちょうどいいとされています。

夜にしっかり洗顔料で顔を洗っているなら、油分などが気にならなければ、朝の洗顔は、水洗顔(冬場はお湯)で十分とされています。

私の知人も、オイリー肌ではありますが、冬場はさほど気にならない程度なので、朝の洗顔を水洗顔に変えました。

夜使うソープは、フォーミーのいちご鼻用薬用洗顔ホイップで、ニキビケアにも使える優れものです。

価格も比較的安いので、毎日のケアに使っています。

冬の時期は少し症状が緩和に向かったと聞いていますが、これからも優しく洗う洗顔法は続けていくようです。

(兵庫県 まいかさん)




中学生ニキビを治したのは洗顔石鹸と食事と運動

私は15歳の時がニキビのピークでした。

丁度、中学3年生の時でした。

とにかく嫌で嫌で仕方なかったのですが、幸い私の母がスキンケアに関しては仕事の関係上非常に詳しかったので助かりました。

医薬品や化粧品等は一切使っていません。

とにかく洗顔用石鹸であれば何でも良い(肌が荒れたりしない物)ので一日2回の洗顔が必要との事でした。

私はニベアブランドのメンズウォッシュを使っていました。

ニキビは肌の表面に現れますが、原因は体の中で起こっている何かだというので取り敢えずは食生活を含めた生活改善からスタートしました。

野菜中心、糖分、脂質を控えた食事を心が得る様にし、更に適度の有酸素運動を勧められました。

言われるがまま毎食必ず緑黄色野菜のサラダを食べる様にし、脂質の高い肉類(豚や牛そして鶏肉のモモなど)を食べる時は、軽く湯がいてから食べる様にしました。

そうです、自分で料理をしていたのです。

有酸素運動で私が取り入れたのは自転車。

走るとキツイし痛いですよね。

続けないと意味が無いと言われたので、続けられそうな自転車をチョイスしました。

ニキビケアと言えば薬局に沢山の専用洗顔フォーム等が販売されていますが、私は一切そういった物にはお金を費やしませんでした。

私には大成功でした。肌が綺麗になるだけでなく、健康にもなれます。

是非お試しあれ。”

思春期のニキビケアはひたすら洗顔とニキビ治療薬(クレアラシル)でした。

私が一番思春期ニキビがひどかったのは中学の頃ですね。

今みたいに色んなニキビケア用品もなかったしニキビに関してのメカニズムもちゃんと解明されてない時代でしたね。

それにメイクどころかスキンケアもしてなかったです。

だから、ニキビケアというと、ひたすらまめに洗顔することとニキビ治療薬を塗ることくらいでしたね。

洗顔は家にあった固形石けんで顔が油っぽいなと感じたら、石けんでガシガシ洗ってました。

泡立てネットなんてシャレたものもなかったし、顔を塗らして手で適当に泡立てて、擦りまくりの洗顔でしたね。

それでも、皮脂は活発に出ていたから、洗顔するのとしないのとでは大違いで、ニキビの状態は洗顔したほうがずっと良かったです。

それから、ニキビ治療薬には確か、クレアラシルを使ってたと思います。

親にせがんで買ってもらって、毎晩ニキビにクレアラシルを塗って寝てました。

クレアラシルの効果があった時には2、3日でニキビが枯れるように小さくなって、治りが早かったような記憶がありますね。

ただ、効果がない時は全くニキビに変化なしで、この差は何だったんだろうと、今でも不思議です。

高校生くらいになるとニキビも落ち着いてきて、自然と治ってきたんです。

今では考えられないゴシゴシ洗いプラス洗いすぎの洗顔と、ニキビ治療薬のクレアラシルでのニキビケアが私の思春期ニキビの思い出です。

(東京都 はるママさん)




思春期ニキビには、しっかりした洗顔で対応

中学生から高校生にかけて、思春期ニキビにはずいぶん苦労させられました。

特に私は、脂性肌のようで、ほかの人よりもニキビが耳から顎のあたりのUゾーンに、たくさんできて嫌な思いをしたことを覚えています。

そんな時に、教わったのが、しっかりした洗顔を1日2回だけする、ということでした。

それまでは、ニキビの原因=脂、だと思っていたので、とにかく時間があれば頻繁に洗顔を、それもごしごしととにかく脂をとるようにしっかりしていましたが、それはどうも逆効果だったようです。

その理由は、思春期ニキビの原因は、やはり皮脂の分泌が過剰になることにあるわけですが、それを取ろうとするああまり、洗顔をしすぎるとかえって肌に必要な皮脂までも取りすぎてしまうので、皮膚がそれに反応して、必要な皮脂分を分泌しようと普段よりも多く皮脂を出してしまう、という悪循環になるから、ということです。

ですので、1番いいのは、適度な回数の正しい洗顔を、しっかりする、ということのようでした。

それを知ったので、それからは、ニキビ用の洗顔料(アクネケア用のもので、特にブランドはこだわっていませんでした)を使って、よく泡立てして、その泡で顔を包むようにして、洗顔を1日2回、朝と夜だけするようにしました。

それだけでいいのかと不安でしたが、しかし、すると、ひどかったニキビがだんだん良くなってきたのです。

20歳過ぎるまで完全には治りませんでしたが、この方法でかなり改善したのは事実です。

(神奈川県 パー子)

思春期ニキビ対策は野菜中心の食事と洗顔

思春期ニキビと言えば遠ーい昔の話ですが私はホントに悩んでました。

親も若いときにニキビに悩んでいたとのことなので多分遺伝なんだなーとか思いつつ。 

今は無事治ってニキビ跡もなくホッしています笑

さて一番ひどかったのは私が中学生1年くらいの時なんですが。

かなりの脂性肌だったのが原因だったと思います(なぜか今は乾燥肌)。

ということで私が実践していたニキビ対策はまず油物をさけてました(野菜中心)。

マクドナルドなど食べると1時間後くらいにはジワーッと脂が顔に出てきているのがわかるくらいだったので。

実際に効果ありましたよ?脂が減るとニキビも予防できます。

また洗顔のやり方も工夫していました。

ニキビは毛穴に脂が詰まっておきることが多いのでまず洗顔前に蒸しタオル顔にかけてを使って毛穴を開かせます。

5分くらい放置したあとすぐに洗顔。

※熱すぎるとやけどしますのでご注意を。

毛穴が開いてる状態で洗顔すると毛穴に詰まった汚れ、脂が取り除きやすいのでより効果的です。

あとできてしまった場合は触ってはダメですよー。

薬局でクリームが売ってますのでそれを寝る前に塗りましょう。 

クリームもニキビを目立たせないようにするため肌色タイプとかも売ってますのでかなりおすすめです。

(愛知 ピーカンさん)




ニキビ対策には水洗顔!

ニキビが出来るときって大抵チョコを食べ過ぎたり試験の前後なんですよね。

睡眠不足がニキビに悪いって言うのはわかるんですが、試験勉強はしょうがないですよね。

チョコも、美味しいし・・・w

食べるなって言われてもムリ。

でも最近ニキビが大きくなってきた気がするんですよね。

生理の前に出来るニキビっていっつも赤くて腫れちゃうんですよね。

触ると血が出るし・・・。

で、いつもやってるニキビ対策として、今回も水洗顔を始めました。

水洗顔というのは、その名のとおりただひたすらに水で顔を洗うのですよ。

ばしゃばしゃと100回位は洗います。

具体的には、まず水を100回顔にかけます。

その後お湯で洗顔料をふわっふわに泡立てます。

こんもりした泡でなでるように洗って、また水で100回ゆすぎます。

その後お風呂につかって毛穴を開かせて、脱衣所に行くときにまた水で100回洗います。

とにかく水でひたすら引き締めるんです。

これがとってもよく効きます。

なぜかお湯で顔を洗うとますますニキビはひどくなるんです。

絶対水゛て洗ったほうがいいです。

冷たいけど我慢してください。

そのあと化粧水と乳液をつけて寝ます。

ちょっと前までなにもつけないで寝てたんですけど、余計に油ギッシュになってしまうので絶対なにかをつけて寝たほうがいいです。

水洗顔のコツでした!

(神奈川県 なつさん)




思春期ニキビは薬よりもまずは一日何度も洗顔しよう

中学・高校時代は本当にニキビには悩まされました。顔はもちろん背中や胸にも出来てしまい、かなり恥ずかしい思いをしたものです。

中学生のときニキビが酷くなってきて、親に相談したらクレアラシルという薬を買ってきてくれて使い始めましたが私にはあまり効果が見られませんでした。それで結局皮膚科の病院に行ってみたら「薬で悪くなってしまっていますね」との診断が出てしまいました。私には合わない薬だったようです。

それで皮膚科で処方された塗り薬を夜寝る前に厚めに塗り一晩そのままで寝るようになりました。額に前髪の毛先があたるとよくないので頭にはネットを被って寝る生活が始まりました。

しかしこれでも大きな変化はみられませんでした。

そんな私のニキビが少しずつですが改善され始めたのは高校2年のことでした。

ひょんなことから合谷(ごうこく)というツボの存在を知りました。このツボは手の親指と人差し指の骨の付け根のあたりにあるツボで、このツボは目の疲れにも効くということもあり、授業中とかテレビを見ているときとかに一生懸命押しまくりました。

それと一緒に学校でも一日何回も顔を洗うようにしました。とにかく何回も水でバシャバシャと洗うのです。洗い過ぎて肌が突っ張るくらいでちょうどいい感じです。

とにかく私はこの2つの習慣をひたすら繰り返しました。そして半年くらい経ったある日、クラスの女子から「ニキビ、きれいになってきたよね」と言われたのです。

嬉しかった。これに気を良くした私はさらにツボと洗顔に明け暮れ、高校卒業時にはそれなりの肌を取り戻していました。

もちろん年齢的にニキビのピークを過ぎたというのもあると思いますが、ニキビ対策は薬よりもまずは一日何度でもバシャバシャ洗顔する習慣が一番ではないかと思います。”

(東京都 ダイスケさん)




思春期ニキビにはちゃんと洗顔をして、皮膚を清潔に

ニキビには、結構悩まされた思春期でした。

小学生の時にはツルツルだったお肌が、中学に入ってから急にブツブツに・・・。

驚いたわたしは、おっかなびっくり皮膚科に直行。

皮膚科の先生は落ち着いて言いました。

「ちゃんと洗顔をして、皮膚を清潔に保ちなさい。」

そう・・・わたしはそれまで、ろくに洗顔もしてこなかったのです。

薬局へ行き、すぐさま「ダヴ ビューティモイスチャー 洗顔フォーム」を購入しました。

CMがとても印象的でしたし、お医者さんの「皮膚を清潔に」という言葉と、真っ白な洗顔フォームのチューブが好印象に結びついた為です。

それから毎日、家に帰った後すぐ(夕方の6時ぐらい)と、朝起きてすぐ(朝の7時ぐらい)、泡立てた洗顔フォームを使って洗顔をしました。

気を付けたのは、掌で充分にフォームを泡立てて柔らかい泡をつくること。

たったそれだけでしたが、それまで一切のケアを受けてこなかった私の肌は、1週間ほどで劇的に蘇りました。

同時に、「洗顔って気持ちいい!」ということにも気づくことが出来ました。

小学校から中学校に上がって間もない女の子は、お肌のケアについてそれまで特に気にしてこなかった、という人も多いかと思います。

洗顔フォームで丁寧に洗うだけでも効果がありますので、是非試してみてください!

(岐阜県 R.Aさん)




思春期ニキビの対処、予防

思春期ニキビは誰しも一度は悩んだことがあると思います。

私も思春期には思春期ニキビに悩まされた経験があり、とても治すのに苦戦しました。

思春期ニキビは今までニキビとは無縁だったのにも関わらず思春期の為ホルモンバランスのバランスがおかしくなりニキビが出てしまう事です。

それだったり思春期なのでニキビが気になってしまい弄ってしまったりして余計にニキビが悪化して余計に治りづらくなってしまいます。

そこで大事なのは思春期ニキビが出てしまったときの対処、その前の予防が大事となります。

対処法ですが、まず触らないことが大事となります。

気にしないという表現の方が正しいのかもしれません。

ニキビの事を忘れて、しっかり泡立てて一日に二度きちんと洗顔をする、夜も夜更かししない、そうすればすぐに治ります。

それを継続しても治らないという方は、相当悪化しているので皮膚科に行き飲み薬と塗り薬を処方してもらうのも対処の一つです。

予防は食生活を見直すということです。

思春期に食生活を気にする人はあまりいません。

好きなものを食べて好きなものを飲んでしまいがちです。

特に脂っこいモノは顔の皮脂を増やしてしまうのでニキビが出来てしまう恐れがあるので注意しましょう。

(千葉県、もりえんてすさん)




サブコンテンツ

このページの先頭へ