「睡眠時間」の記事一覧

思春期ニキビを増やさないための秘訣は睡眠時間でした。

わたくしが通っていた高校は中学高校一貫校で共学で女子が6割という女子生徒の多い学校でした。

そのため、ニキビや肌荒れには悩みました。

中学3年ごろから急激にニキビが増え始め、高校のときがピークでした。

さすがになんとかしなければということで一番最初に始めたのが、ビフナイトでした。

数ヶ月間試しましたが、なかなか良い効果は現れずその後プロアクティブを使い始めました。

毎日、顔に塗ったところ、少しニキビが消えた感じがしました。

ですが、大幅に消えたということはなく、トライアルでそれもやめてしまいました。

そして高校の2年生になり、受験勉強が本格的に始まりました。

そのときに塾にいくようになり、部活と学校と塾と忙しい日々を送っている生活だったので、自分自身で一週間のスケジュール表を作ることにしました。

そうしてスケジュール表を使いはじめたことで、寝る時間が一定になり、また以前よりも多く睡眠時間をとるようになりました。

その時に少しだが自分の顔のニキビが偶然きれいになっていることに気がつきました。

そこから毎日、『睡眠時間を多くとる』『寝る時間を一定にする』を心がけて過ごしました。

その結果、今まであったニキビがほとんど消えていき、肌が見違えるほどきれいになりました。

このときに睡眠って大切だとあらためて実感しました。

睡眠時間によっては人によって個人差があると思います。

7時間の人もいれば、3時間の人もいます。

ちなみに、自分は睡眠時間を7時間とって、深夜12時には寝ていました。

もしニキビで悩んでいる人は、まず塗り薬や化粧水などよりも、当たり前のことですが、自分の生活の見直しをまず考えることが先決であるし、遠回りなようにみえて、実は近道かと思います。

(東京都 R・Tさん)




サブコンテンツ

このページの先頭へ