「食事」の記事一覧

中学生ニキビを治したのは洗顔石鹸と食事と運動

私は15歳の時がニキビのピークでした。

丁度、中学3年生の時でした。

とにかく嫌で嫌で仕方なかったのですが、幸い私の母がスキンケアに関しては仕事の関係上非常に詳しかったので助かりました。

医薬品や化粧品等は一切使っていません。

とにかく洗顔用石鹸であれば何でも良い(肌が荒れたりしない物)ので一日2回の洗顔が必要との事でした。

私はニベアブランドのメンズウォッシュを使っていました。

ニキビは肌の表面に現れますが、原因は体の中で起こっている何かだというので取り敢えずは食生活を含めた生活改善からスタートしました。

野菜中心、糖分、脂質を控えた食事を心が得る様にし、更に適度の有酸素運動を勧められました。

言われるがまま毎食必ず緑黄色野菜のサラダを食べる様にし、脂質の高い肉類(豚や牛そして鶏肉のモモなど)を食べる時は、軽く湯がいてから食べる様にしました。

そうです、自分で料理をしていたのです。

有酸素運動で私が取り入れたのは自転車。

走るとキツイし痛いですよね。

続けないと意味が無いと言われたので、続けられそうな自転車をチョイスしました。

ニキビケアと言えば薬局に沢山の専用洗顔フォーム等が販売されていますが、私は一切そういった物にはお金を費やしませんでした。

私には大成功でした。肌が綺麗になるだけでなく、健康にもなれます。

是非お試しあれ。”

思春期ニキビ対策は野菜中心の食事と洗顔

思春期ニキビと言えば遠ーい昔の話ですが私はホントに悩んでました。

親も若いときにニキビに悩んでいたとのことなので多分遺伝なんだなーとか思いつつ。 

今は無事治ってニキビ跡もなくホッしています笑

さて一番ひどかったのは私が中学生1年くらいの時なんですが。

かなりの脂性肌だったのが原因だったと思います(なぜか今は乾燥肌)。

ということで私が実践していたニキビ対策はまず油物をさけてました(野菜中心)。

マクドナルドなど食べると1時間後くらいにはジワーッと脂が顔に出てきているのがわかるくらいだったので。

実際に効果ありましたよ?脂が減るとニキビも予防できます。

また洗顔のやり方も工夫していました。

ニキビは毛穴に脂が詰まっておきることが多いのでまず洗顔前に蒸しタオル顔にかけてを使って毛穴を開かせます。

5分くらい放置したあとすぐに洗顔。

※熱すぎるとやけどしますのでご注意を。

毛穴が開いてる状態で洗顔すると毛穴に詰まった汚れ、脂が取り除きやすいのでより効果的です。

あとできてしまった場合は触ってはダメですよー。

薬局でクリームが売ってますのでそれを寝る前に塗りましょう。 

クリームもニキビを目立たせないようにするため肌色タイプとかも売ってますのでかなりおすすめです。

(愛知 ピーカンさん)




思春期ニキビの対策は規則正しい生活と食生活の改善

私の思春期ニキビは、規則正しい生活と食生活の改善でかなり落ち着きました。

中学校に入学と同時にニキビが顔全体に出たのですが、その頃の私はテレビとゲームに夢中で夜は遅くまで起きていて、大好きなポテチやチョコ・アイスクリームを毎日のように食べていました。

体重も少し太り気味で、帰宅部だったので体育の授業以外運動をすることもありませんでした。

そんなだらけ切った私の生活とひどい顔を見かねた母から、お菓子と夜ふかしの禁止を言い渡されました。

最初はかなり不満を持っていたのですが、実際にそれらを守るとニキビもだんだんと落ち着くようになりました。

体重も落ち、思春期ということもありもっとキレイになりたいという欲が出て、食事もヘルシーでお肌に良いものを積極的に摂るようになっていきました。

ニキビに効くとされているビタミンBやCをたくさん採り、納豆や豆乳などの植物性たんぱく質も意識的に食べるようになりました。

そのおかげかわずか半年ほどですっかり体質も変わりニキビが出来にくくなりました。

たまにチョコを食べ過ぎた日などはポツンとニキビが出ましたが、跡も残さずキレイに治すことができました。

外側からのケアに目が行きがちですが、体の中から改善することで私はニキビとさよならすることができました。

(山形県 T・Yさん)




サブコンテンツ

このページの先頭へ